新型iMacのデザイン、Appleの伝説的デザイナー ジョナサン・アイブ氏が関与していたことが判明

今月21日に発売した新型iMacは、デザインを従来のものから大きく変更したことが話題だが、この新しいデザインにはかつてのAppleのお抱えデザイナー ジョナサン・アイブ氏が関わっていたことが明らかになった。

米メディアWiredによれば、今回の新型iMacのデザインにはジョナサン・アイブ氏が関与したという。(via MacRumors)

新型iMacのデザインはジョナサン・アイブ氏が関与していたことが判明

ジョナサン・アイブ氏は、Appleのチーフ・デザイン・オフィサー (最高デザイン責任者)を務めていた人物。1992年にAppleに入社。20周年を記念したTwentieth Anniversary Macintoshのデザインでデザイナーとしての頭角を表し、そして1997年にスティーブ・ジョブズ氏のApple復帰とほぼ同時に同社チーフ・デザイナーに就任。その後はiMacやiPod、iPhoneやiPad等、現在のAppleの主力製品に携わるなどAppleにとって最重要人物のひとりだった。

2019年のApple退社後は、自らのデザイン会社 「LoveFrom」 をMarc Newson氏とともに設立。Appleは同会社の主顧客となり、今後もAppleの製品作りに関わるとされていた。

今回の新型iMacのデザインへの関与は、同デザイナーの退社前のことなのか、それとも退社後なのかは不明。ただ独創的かつ隅々まで抜かりのない設計は、ジョナサン・アイブ氏の影響が確かに感じられなくもない。

24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証

ちなみに、ジョニー・アイブ氏の退社によってAppleのチーフ・デザイン・オフィサー (最高デザイン責任者) の座は空席になっており、デザインチームはインダストリアルデザイン担当副社長Evans Hankey氏とヒューマンインタフェースデザイン担当副社長Alan Dye氏が、最高執行責任者(COO:チーフ・オペレーティング・オフィサー) ジェフ・ウィリアムズ氏の直属のもとでまとめている。

関連記事
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証
iMac 2021 全機種の性能・違いを比較。24インチ(4.5K, M1)、27インチ(5K)、21.5インチ、あなたにオススメなモデルは?

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。