5G対応の新型 「iPad Pro」 は2020年末に発売か。A14Xチップ搭載との情報

3月18日、Appleは新型iPad Proこと 「iPad Pro 2020」 を発売することを発表。同日から予約受付を開始しているが、同モデルとは別に以前から噂されている”5Gに対応した新型iPad Pro”が2020年末に発売する可能性があることがわかった。

5G対応iPad Proは2020年末に発売か

この情報を伝えたのは、YouTubeチャンネル 「Front Page Tech」 (テクノロジーアナリスト) のJon Prosser氏。

同氏は自らのツイッターアカウントで、Appleが5G(第5世代移動通信システム)に対応したiPad Proを2020年末に発売する計画であることを伝えた。

Jon Prosser氏によれば、5G対応iPad ProはA14Xチップを搭載している以外に新しい機能などは用意されていないとのこと。基本的な仕様は今月25日発売のiPad Pro(2020)と同じになっているため、よっぽど5G通信が利用したいわけでなければ買い換える必要はなさそうだ。

ちなみに次期iPad ProについてはミニLEDディスプレイが搭載される可能性が指摘されている。ただし、今回のJon Prosser氏には同ディスプレイに関する情報は一切出てきていないことを考えると、ミニLEDディスプレイがiPad Proに搭載されるのは2021年以降になるのかもしれない。

関連記事
Apple、「iPad Pro (2020)」 を発表。3D認識できるデュアルレンズカメラ内蔵。トラックパッド付きのMagic Keyboardも登場
【比較】iPad Pro(2020)は前モデルiPad Pro(2018)からどれくらい進化?性能・仕様を徹底比較

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。