新型AirPodsは2021年後半、新型AirPods Proは2022年に発売。Bloomberg報道

Appleは今年から来年にかけてAirPodsシリーズの刷新を狙っている。AirPodsの新型モデルは2021年後半、AirPods Proの新型モデルは2022年に発売する見通しだ。米メディアBloombergが伝えている。

Bloombergの著名記者Mark Gurman氏によれば、Appleは新型AirPodsを2021年後半、新型AirPods Proを2022年に発売する計画とのこと。

新型AirPodsが2021年後半、新型AirPods Proが2022年に発売か

まず新型AirPodsは、AirPods Proに似たデザインを採用するものの、従来よりも短いステムが特徴になるという。また、形状の変化にともないバッテリーケースも新しいものが採用される予定とのこと。これは業界関係者の中では割と浸透している話だが、実際にBloombergの情報どおりである可能性が高い。

新型AirPods Proは、フィットネストラッキングを可能にする新たなモーションセンサーが搭載されるとのこと。発売は2022年になる予定で、今年中に新型モデルが投入される可能性は低そうだ。

Bloombergによると、さらにAppleはAirPods Maxについても新カラーバリエーションの追加を検討しているとのこと。新型モデルの投入は現時点では計画していないようだが、近い将来新しいカラーを採用したモデルが登場することもあるのかもしれない。

関連記事
AirPodsシリーズ、新コーデックで将来的にロスレスオーディオに対応?Jon Prosser氏が伝える
今後数週間以内に新型AirPods(第3世代)が発表か。Apple MusicのHi-Fiオーディオサービスも登場との噂

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。