新型Apple TVは4K/120Hzをサポートの可能性。HDMI 2.1ポートが搭載か

まもなく登場と予想されている新型Apple TVは、120Hzの高リフレッシュレートに対応する可能性があるようだ。Appleが開発者向けに公開している最新のtvOS Beta版から、新型Apple TVに関する記述が見つかったと9to5Macが報告している。

次期Apple TVは4K/120Hzをサポートか

9to5Macによると、「tvOS 14.5 Beta」 に、「supports120Hz」 という記述が存在するとのこと。この記述から同メディアは、次期Apple TVは120Hzのリフレッシュレートをサポートすると予想できると報告した。

リフレッシュレートとは、1秒間に何回画面の書き換えが行われるかを示す数字で、この数字が大きくなればなるほど画面描写が滑らかになる。現行のApple TVは最高60Hzのリフレッシュレートに対応しているため、もし事実であればリフレッシュレートは倍になり、映像がより滑らかに動作する可能性がある。

120Hzのリフレッシュレートに対応するということは、Apple TVはHDMI 2.1以降をサポートしているということになる。これまでのHDMI 2.0規格では4K/60Hzまでの出力しかできないからだ。

また、利用するには4K/120Hzに対応したHDMIケーブル、ディスプレイが必要だ。4K/120Hzに対応したディスプレイは現状かなり少ないものの、LG 55NANO91JNAなど対応する製品も最近はチラホラ出てきている。

Xbox Series XやPS5がスペック上、4K/120Hzでの映像出力に対応しているため、Appleとしては次世代コンソールに対抗するため、そして次世代ディスプレイへのサポートのため、同規格を使用するつもりなのかもしれない。

ちなみにAppleは自社開発のプロ向けディスプレイを販売しているが、同ディスプレイの最大リフレッシュレートは60Hzまでだ。また、現行Apple TVはHDMI 2.0ポートを搭載しているため、仮にtvOS 14.5をインストールしたとしても4K/120Hzを利用することはできないはずだ。

次期Apple TVは、新しいプロセッサによる性能の向上、新コントローラーによる操作性の向上などにより、ゲーミングに焦点を当てたモデルになると噂されている。

また、tvOS 14.5のベータ版からは専用リモコン 「Siri Remote」 の名称が 「Apple TV Remote」 に変更されていることが確認されており、リモコンも新しくなる可能性が指摘されている。

関連記事
Apple、tvOS最新ベータ版で 「Siri Remote」 の名称を 「Apple TV Remote」 に変更
次期Apple TVはゲームに焦点をあてた次世代ハードとして2021年発売予定。新プロセッサ、新開発のリモコンが特徴

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。