Apple Watch Proの左側面には新たなボタンが搭載か。ディスプレイはフラット仕様に?

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

 

Appleは現地時間9月7日(日本時間9月8日午前2時)に、新製品発表イベント 「Far out.」 を開催する。同イベントでは、最大の注目製品である新型iPhoneこと 「iPhone 14」 シリーズに加えて、新型Apple Watchが発表される見通し。

Apple Watchはこれまでのスタンダードモデルのほかに、上位モデルとなる 「Apple Watch Pro」 という新たなグレードの製品が追加されるとの噂。これまでのデザインから大きく変わることも予想されている。

具体的には、ディスプレイが丸みを帯びたラウンド型からフラット型に変更されるほか、本体の左側面には新たなボタンが搭載される見通し。画面は49mmで、周囲のベゼルはかなり狭くなるようだ。

(画像:91mobiles)

これらの情報を踏まえて、91mobilesは流出したCADデータからレンダリング画像を作成した。その画像が上記のもの。

特徴となるのは左側面の新たなボタンのほか、本体右側面にあるDigital Crownとサイドボタンの形状。これらのパーツが一体化し、ケースから隆起したような形となっている。スピーカーは左側面のサイドボタンの上に移動するようだ。

これらの情報が正しければ、Apple Watch Proはかなりゴツいデザインになり、これまでのApple Watchとはまったく違うフォルムに変更することになる。デザインの良し悪しは置いておいて、ユーザーを選ぶデザインであることは間違いなさそうだ。

(画像:91mobiles)

さらに、「Apple Watch Pro」 用とみられるケース一体型バンドや保護ケースが中国などで既に販売されているようだ。いずれも91mobilesのレンダリング画像のApple Watchの形状を彷彿とさせるデザインとなっていることから、「Apple Watch Pro」 のデザインはこれでほぼ確定的と考えても良いのかもしれない。

「Apple Watch Pro」 は、画面サイズが対角2インチになることで画面面積が従来比7%増加し、視認性が高くなるほか、アルミニウムよりも強い強度を持つ金属を筐体に使用したり、割れた時に飛散しにくいディスプレイ用ガラスが採用されるなど耐久性についても向上する見通し。また、Apple Watch Series 8の特徴である体温計測センサーなども搭載される可能性がありそうだ。

新製品発表イベント 「Far out.」 は9月7日 午前10時(日本時間9月8日午前2時)から開催予定。当サイトでは、同イベントで発表された内容を速報でお伝えしていく予定なので、ぜひ当サイトの更新情報をチェックしていただきたい。

関連記事
「Apple Watch Pro」 は過去のバンドと互換性なし?海外で気になる噂が登場

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。