MacBook Airのデザイン刷新は2022年。次世代モデルはさらに安価になる可能性

M1チップを搭載したことで大幅に性能を向上させたMacBook Airは、2022年にデザインの刷新を控えている可能性があることがわかった。

Appleの未発表製品に関する情報に定評のあるTF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、現地時間2日に公開した投資家向けレポートの中で伝えた。

2022年に新デザインのMacBook Airが登場か

同アナリストによれば、Appleは2022年にMacBook Airの刷新を計画していて、そのモデルにはミニLEDディスプレイが搭載される予定であるとのこと。さらに価格も現行機種より安くなるとみられている。参考までに、現行MacBook Airの価格は104,800円(税別)〜だ。

また、MacBook Proについては2つの新型モデルが用意されていて発売は2021年、ミニLEDディスプレイが搭載されるという従来の予想を繰り返している。

ちなみにMing-Chi Kuo氏によれば、AppleはGaN(窒化ガリウム)を採用した小型急速充電器を2~3種類用意していて、これを2021年に発売する計画であるとのこと。どんな製品なのかなど詳細は不明だが、MacBookに関するレポートの中で触れられたことから、おそらくMacBook ProやMacBook Air向けの小型充電器なのではないだろうか。

関連記事
MacBook Air M1レビュー | 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。