新デザインの次期iMacが2021年後半に登場へ。2モデルのMac Proも準備中

2021年、いよいよ待望のiMacのアップデートが予定されているようだ。Bloombergによると、Appleは新デザインを採用した次期iMacのリリースを今年後半に計画しているとのこと。また、新型Mac Proや新型外部ディスプレイに関する情報も同時に伝えている。

次期iMacは画面のベゼルが狭くなり、背面は平らなデザインに

次期iMacについては、現在販売されているApple純正の外部ディスプレイ 「Pro Display XDR」 のような狭いベゼルが採用されていて、これまでiMacの下部にあった “あご” 部分が取り除かれるとBloombergは伝えている。

また、現在iMacの背面は流線型のデザインが採用されているが、次期モデルでは平らなデザインになるとのこと。

これらのアップデートが施された次期iMacは、現行の21.5インチモデルと27インチモデルを置き換える形で2021年後半に登場予定。ベゼルが狭くなることで画面サイズが変更される、あるいは筐体サイズが小さくなる可能性もあるが、具体的な話はBloombergは言及していない。

次期Mac ProはIntelプロセッサ搭載モデルとApple Silicon搭載モデルの2種類が用意

次期Mac Proについては、2種類の新型モデルが開発中。片方は現行モデルと同じデザインを採用したモデルで、もう片方は現行の半分以下のサイズになったモデルであるとのこと。

このうちの現行モデルと同じデザインを採用したモデルは、引き続きIntelプロセッサが搭載予定。もう片方の半分以下のサイズになったモデルにのみApple Siliconが搭載されるという。

Apple Silicon搭載モデルは、主にアルミニウムが外装に採用されているのが特徴となっていて、2000年に発売してその翌年にすぐ販売終了となってしまった 「Power Mac G4 Cube」 を彷彿とさせる懐かしい雰囲気のデバイスになる可能性があるとのことだ。

低価格な新型外部ディスプレイも準備中

2019年、Appleは新型Mac Proと同時に純正のプロ向け外部ディスプレイ 「Pro Display XDR」 を発売したが、さらに新しい外部ディスプレイも開発中だ。

Bloombergによると、この新型外部ディスプレイは明るさとコントラスト比はPro Display XDRより劣るものの、一般消費者向けに低価格を実現した外部ディスプレイであるとのこと。

この新型外部ディスプレイの開発はまだ初期段階であることから、リリースは2021年以降になることが予想されている。

関連記事
iMac 27インチ(5K, 2020) レビュー | Intelプロセッサ搭載の最新iMac、どんなユーザーにオススメ?
Apple Siliconを搭載したiMac、2021年前半に登場か。「A14Tチップ」 搭載か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。