Apple、世界絵文字デーに合わせて年内追加予定の新絵文字を公開 ヘアスタイルのバリエーションが増加

米Appleは、7月17日の「世界絵文字デー」に合わせる形で、今年追加予定の新しい絵文字を発表した。これらの新絵文字は次期iOSやmacOS、watchOSなどで利用できるようになるとみられる。

以下が今後追加予定の新しい絵文字。孔雀やカンガルー、オウムなどの動物や、カップケーキやマンゴーといった食物など多数の絵文字が追加される予定。また、顔の絵文字に関しては白髪やパーマヘアーなど髪型のバリエーションが増えるようだ。

ー Apple celebrates World Emoji Day

新たに発表された絵文字は、「Unicode 11.0」で追加されたもので、今回紹介されているのはそのうちの一部。Appleによると全部で70以上の絵文字が追加される予定であるという。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。