新型iMacもしくはiMac Proが2022年前半に発売か。M1 Pro/M1 Max搭載、ミニLED・ProMotionが採用へ

デスクトップMacの人気モデル 「iMac」 の新しい上位モデルは2022年前半に登場することになるかもしれない。

著名リーカーのDylan(@dylandkt)氏は、新型iMacもしくは新型iMac Proが2022年前半に発売する可能性があると伝えた上で、現時点で判明しているスペックについて情報を共有した。

新型iMacもしくはiMac Proが2022年前半に登場か

Dylan氏によると、2022年前半に発売する新型iMacは、「iMac」 もしくは 「iMac Pro」 として発売されるという。

Appleが新型iMacをどちらの製品として発売するのかは現時点ではまだはっきりしないとのことだが、製品の位置付けとしては27インチiMacの後継モデル、もしくは24インチiMacをエントリーモデルの 「iMac」 とした上で、上位モデルの 「iMac Pro」 として販売されることになりそうだ。

14インチMacBook Pro(2021)

新型iMacは、ミニLEDテクノロジーとProMotionを採用したディスプレイが搭載され、24インチiMacやPro Display XDRに似たデザインが採用。ベゼルの色はダーク系になるとのこと。

プロセッサは 「M1 Pro」 と 「M1 Max」 の2種類から選択可能で、ベースモデルはRAMが16GB、ストレージが512GB SSDに。

24インチiMacの外部ポート

外部ポートは24インチiMacのようにシンプルな構成ではなく、MacBook Pro(2021)のようにHDMIポートやSDカードスロット、USB-Cポートなどを搭載するという。現行の27インチiMacに搭載されているUSB-Aポートは廃止される可能性がありそうだが、HDMIポートが搭載されることで、ケーブル1本でデュアルディスプレイ環境が構築できて便利になりそうだ。

また、イーサネットポートに関しては、24インチiMacと同様に電源アダプタ部分に搭載される方式が採用されるとのこと。

新型iMacもしくはiMac Proの価格は2,000ドルから。日本円にすると約228,000円で、現行の27インチiMacとほぼ同じ価格帯で販売されることになりそうだ。

ちなみに、Dylan氏は確定情報ではないとした上で、新型iMacのためにFace IDがテストされたとも伝えている。

ただし、MacへのFace ID搭載については、Appleのハードウェアエンジニアリング担当上級副社長であるJohn Ternus氏が 「手がすでにキーボード上にあることからTouch IDの方がアクセスしやすい」 とし、現時点でFace IDのMacへの搭載は考えていないと発言していたことから、可能性は低いと思われる。

関連記事
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証
MacBook Pro 2021 レビュー (14インチ, M1 Pro) | まさにモンスター、真のプロのためのラップトップ決定版

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。