未発表のiPadがEECデータベースに登録 新型iPad Proがまもなく発売か

Appleは近々、新型iPadを発売する予定なのかもしれない。MacRumorsによると、Appleは現地時間3月16日、未発表のiPadをユーラシア経済委員会 (EEC:Eurasian Economic Commission) のデータベースに登録したことが明らかになったとのこと。

EECに未発表のiPadが登録、新型iPad Proか

今回EECのデータベースに登録が確認されたのは、「A2229」 というモデル名のAppleのタブレット製品。iPadOS 13が動作することが確認されており、おそらくiPadの新型モデルと推測できる。

ただし、EECのデータベースからはこれ以上の情報は確認できないため、iPadのどのモデルなのか、発売日がいつになるのかなどの詳細については一切不明だ。

Appleは昨年9月に10.2インチのiPad (第7世代) を発売しているため、もし発売するとしたらそれ以外のモデル、つまりiPad ProやiPad mini、iPad Airのいずれかである可能性がある。中でもiPad Proは、2018年10月以降しばらくアップデートが行われていないため、発売のタイミングとしてはぴったりと言えるだろう。

EECは、ロシアやカザフスタンなどが属するユーラシア経済連合の管理機関で、ユーラシア経済連合の地域で暗号化された技術を採用した製品を販売する際、同管理機関にデバイスを事前登録する必要がある。

もちろんAppleも例外ではなく、新製品を出す数週間~数ヶ月前にEECに未発表デバイスを登録するのが通例となっているため、早ければこれから数週間のうちに新型iPadが発表されることになるかもしれない。もし新型iPadの購入を検討しているのであれば、今後数週間はApple関連のニュースを細かくチェックすることをオススメする。

関連記事
iPhone 9、新型iPad Proが 「iOS 14」 のソースコードで確認。iPhone 9はやはりTouch ID搭載へ
ミニLEDディスプレイ搭載のiPad Pro、MacBook Proは2020年後半に発売か 新型液晶モニターも開発中?

▶︎ iPad Proの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。