新型iPad miniが2023年末〜2024年前半に発売か。著名アナリストが伝える

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは、Mac向けに開発した独自プロセッサ 「Apple Silicon」 をiPad ProやiPad Airといった主力タブレット製品に載せることで、これらの製品の性能を強化してきた。

そこで、いま多くのユーザーが期待しているのは、新型iPad miniだろう。iPad miniはiPhoneとおなじAプロセッサが搭載されているが、いずれMプロセッサが搭載されるようになるかもしれない。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が現地時間27日、自らのTwitterアカウントでiPad miniに関する予測を伝えた。

Kuo氏によれば、新型iPad mini (第7世代)は2023年末〜2024年前半に発売する可能性があるとのこと。具体的にどのようなアップデートがあるのかについては言及されていないものの、新たなプロセッサを搭載したモデルになるとしていることから、Apple Siliconを搭載する可能性がありそうだ。

現在、上記製品の開発が行われている段階で、2023年末〜2024年前半には大量出荷が開始される可能性があるそうだ。

この情報が正確かどうかは不明なものの、現行のiPad mini (第6世代)が発売したのは2021年9月24日と15か月前の話となる。Kuo氏が言う「2023年〜2024年前半」ともなれば、現行モデルの発売から27ヶ月〜33ヶ月近く経つことになるため、その頃には新型モデルが投入される可能性はとても高い。

現行モデルがベゼルレス化を果たすなど大幅なアップデートであったことから、次期モデルは内蔵プロセッサを更新するなどのマイナーアップデートになる可能性がありそうだ。

なお、Kuo氏はiPadの折りたたみモデルの登場には懐疑的であることも伝えている。理由は折り畳みを可能にすることで、本来エントリーレベルの価格帯であるiPad mini製品が高価格になってしまうから。合理的ではないと指摘している。

関連記事
Apple 初売りセール2023 開催決定。セール対象製品・ギフトカード還元額、福袋など徹底まとめ 〜 AirTagプレゼントも
Apple Store、2022〜23年末年始の営業時間をアナウンス。大晦日は18時閉店、年始は2日午前10時から営業

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。