新型iPad Proは2020年9月に発売か。5G対応、5nmベースのA14プロセッサ搭載

今年、Appleは新型iPad Proを発売する予定だが、その発売時期は春ではなく秋になるかもしれない。しかも5G (第5世代移動通信システム) に対応し、高速通信が利用できる可能性があることがわかった。台湾の業界紙DigiTimes(1/2)が報じている。

新型iPad Proは2020年9月に発売?

DigiTimesによると、Appleは2020年9月に新型iPad Proを発売する予定とのこと。もしこの情報が正しければ新型iPad Proは新型iPhoneと同時に発売することになる。

新型iPad ProのCellularモデルは、LTE(4G)だけでなく5Gをサポートする予定。5Gにはミリ波と6GHz帯以下(サブ6GHz)の2種類の周波数帯が存在するが、新型iPad Proはこの両方の周波数帯をサポート対象とするようだ。

サブ6GHz帯は広範囲に電波が届きやすいという特徴がある反面、周辺の電波の干渉を受けやすい。対するミリ波帯の電波は直進性が高く5G通信の中では最も高速な通信スピードを提供できる。

この両方の帯域をサポートすることで、どこにいても高速な通信が利用できるはずだ。ちなみに次期iPhoneも5Gに対応する予定とされているが、ミリ波とサブ6GHzの両方をサポートするものとみられている。

5Gの電波の種類 特徴
ミリ波 直進性が高いため人口集中地域で提供するのに適する。ただし、広範囲を網羅するにはやや不向きで、多数の基地局を整備するには時間も費用もかかる見込み。通信速度は最も高速。
サブ6GHz ミリ波に比べて通信は低速ではあるものの、4G LTE通信よりは高速。カバー範囲はミリ波よりも広いため、人口が集中していないエリアや山間部などで有用。

ちなみに、DigiTimesによると新型iPad Proには5nmプロセスで製造された 「A14」 プロセッサ が搭載される予定だという。これが事実なら、性能は次期iPhoneと同程度ということになる。

ただし、DigiTimesは連日多くのApple関連の情報を提供してきたが、近年同メディアがもたらした情報はやや精度の欠ける情報が多かった。一部メディア・アナリストは2020年春に新型iPad Proが発売することを予想してきた。どちらの情報が正しいのかは精査が必要だが、DigiTimesの情報が正しくない可能性があることは付け加えておきたい。

ちなみに、DigiTimesはここ数日でもたらした情報は上記のとおり。AirPods Pro Liteがどのような製品になっているかは言及されていない。

関連記事
5G対応のiPad Proが現在開発中か。ミリ波のみをサポート?
次期iPad Proは2020年前半に発売か 3D認識できるデュアルレンズカメラが搭載予定

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。