新型iPad Proは4月以降に発表へ。Thunderboltポートを搭載か 〜画面大型化した新型iPad miniも年内登場

Appleは今年iPadシリーズの刷新を計画しているが、それらの投入時期は4月以降になることがわかった。現地時間3月17日、米Bloombergが報じた。

新型iPad Proが4月、iPadが今年後半、iPad miniが年内に発売予定

Bloombergによると、Appleは新型iPad Proを早くて4月、無印iPadを2021年後半、新型iPad miniを2021年内に発売する計画だという。

新型iPad Proは11インチと12.9インチモデルの2種類が用意され、どちらもミニLEDディスプレイが搭載されるとのこと。

また、M1チップを搭載したMacにも搭載されているThunderbolt/USB 4ポートが搭載され、Macとの高い互換性、高速なデータ通信を実現できるとみられる。iPad Proを外部ディスプレイとして利用することも可能だろう。

そのほかiPad Proは、内蔵プロセッサの置き換えでパフォーマンスの向上、カメラ性能の改善も予定されていると伝える。プロセッサについてはM1チップと同等の性能になるとしている。

BloombergはエントリーモデルのiPad、そしてiPad(第9世代)に関する情報もレポート内で伝えている。

iPadは従来よりも軽く、薄くなるとのこと。iPad Airのデザインを採用し、画面サイズも大きくなる可能性がありそうだ。

そして新型iPad miniについては、現行モデルの7.9インチよりも大きくなる可能性があるとのこと。

関連記事
「3月にApple新製品イベント開催」 と発言したリーカー、「4月開催」 に予告転換
ミニLEDディスプレイ搭載iPad Proは4月以降に発売か。DigiTimesが伝える

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。