iPhone SE(第3世代)は2022年前半に発売か。デザイン変更はなしと著名アナリスト伝える

安価で購入しやすい 「iPhone SE」 の新型モデルは、2022年前半に発売する可能性がある。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は投資家向けの最新レポートを公開。このレポートの中で、次期iPhone SEに関して言及している。

次期iPhone SEは5G対応、2022年上半期に登場へ

同アナリストによると、iPhone SE(第3世代)は2022年前半に発売されるとのこと。新しいプロセッサを搭載し、5Gに対応し、4Gから5Gへの乗り換え需要を狙う製品になると予測している。

デザインは現行モデルのものをそのまま引き継ぐとのこと。つまり、4.7インチ画面とTouch IDを搭載したホームボタンが引き続き採用されることになる。

今回の情報は、今年3月に伝えた情報を繰り返し伝えた形で、同氏の予測は3月から変わりはないようだ。

なお、一部アナリストやメディアはiPhone XRやiPhone 11のデザインが次期iPhone SEに採用されると予想していたが、Kuo氏の予想はこれらに反するものになっている。最近のKuo氏の予測精度はイマイチではあるものの、同アナリスト以上にAppleの未発表情報に精通した人物もそう多くないことから、今回の情報は一定の信頼性があると考えて良さそうだ。

(via 9to5Mac)

関連記事
iPhone SE(第3世代)、4.7インチ画面搭載か。第4世代はパンチホール式で6.1インチ画面に?
iPhone SE 3は2021年後半以降に登場か。著名アナリストKuo氏が予測

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。