次期MacBook Airが早ければ年内に発売か。最大10コアのGPUコアを備えたApple Siliconチップを搭載

現地時間5月18日、BloombergのMark Gurman氏がMac関連の最新レポートを公開。

同レポート内で新型MacBook Proなどの情報を伝えているが、さらに現在開発が進められていると噂の次期MacBook Airに関する最新情報も伝えている。

次期MacBook Air、早ければ年内に登場か

Mark Gurman氏によると、次期MacBook AirにはM1チップの後継にあたる新型Apple Siliconチップが搭載予定だ。

同チップはM1チップとCPUコア数は変わらないものの、GPUコアが9コアもしくは10コアに増加する。この新型チップを搭載した次期MacBook Airは早ければ年内に登場することになるという。

また、Appleは同じチップを13インチMacBook Proの新型モデルにも搭載することを計画中であるとのこと。

次期MacBook Airについての情報はまだ少ないが、著名リーカーのJon Prosser氏は、24インチiMacのように多数のカラーラインナップが用意されると伝えている。

関連記事
新型MacBook Proには10コアのApple Siliconチップが搭載。発売は早ければ今夏に?
マルチカラー採用の次世代MacBook Air、ホワイトベゼルとフラットデザインが特徴か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。