ミニLEDディスプレイ搭載MacBook Proの発売が2022年に遅延か。台湾DigiTimes伝える

年内の登場が予想されているミニLEDディスプレイ搭載の新型MacBook Proだが、どうやら発売が2022年に遅れる可能性がありそうだ。台湾DigiTimesが最新レポートとして報じている (via MacRumors) 。

新型MacBook Proの発売は2022年に遅延?

DigiTimesが業界筋から入手した情報によると、ミニLEDディスプレイを搭載した新型MacBook Proは2022年に発売が延期される可能性があるとのこと。延期の理由などの詳細は現時点では不明。おそらくレポートの全文が公開されることで詳しい情報が判明するものと思われる。もう少しだけ情報が出てくるのを待ちたいところ。

ちなみに、新型MacBook ProはM1チップよりも高性能なApple自社製チップが搭載され、MagSafeやHDMIポートなどが復活すると噂されている。

関連記事
Apple、2021年後半に新デザインを採用したMacBook Pro発売か。14インチと16インチの2ラインナップに
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。