新型MacBook Pro、MagSafeやHDMIポート、SDカードスロットの搭載は確実か。Touch Barも廃止へ

新型MacBook ProはやはりMagSafeやHDMIポート、SDカードスロットが搭載され、Touch Barが廃止されることになりそうだ。

現地時間4月21日、新型MacBook Proの機密ファイルを盗み出したとして、ハッカー集団 「REvil」 がAppleのサプライヤーであるQuanta Computerに対して約5000万ドルを支払うよう脅迫する事件が発生。

同ハッカー集団が証拠として公開したファイルから、新型MacBook Proの一部仕様が判明したことが明らかになっている。

新型MacBook Proの一部仕様がハッカー集団により流出か

米メディア9to5Macによると、ハッカー集団が公開したファイルには、Apple Siliconを搭載した新型MacBook Proのコードネームである 「J314」 および 「J316」 の技術仕様が含まれていたという。

MagSafe・HDMIポート・SDカードスロットが搭載へ

16インチの新型MacBook Proのロジックボードの回路図からは、MagSafe充電コネクタやHDMIポート、SDカードスロットの搭載が確認された。

これらのポートについては、以前に著名アナリストのMing-Chi Kuo氏やBloombergの著名記者Marg Gurman氏が同じ内容を伝えていたことから、公開された資料によりこの情報の裏付けがとれた形だ。

資料からは具体的なポートの配置場所も判明していて、右側面にはHDMIポートとUSB-Cポート、SDカードスロットが、左側面にはMagSafe充電コネクタと2つのUSB-Cポート、3.5mmヘッドホンジャックが搭載される。USB-Cポートは現行モデルよりも1つ少なくなるようだ。

新型MacBook ProのTouch Bar廃止、新型Mac miniのコードネームも判明か

また、これまでファンクションキー部分を置き換える形で搭載されてきたTouch Barは廃止となり、現行のMacBook Airのようにファンクションキーの右側にTouch IDが搭載されることになるようだ。

さらに、資料からは 「J374」 「J375」 という新たなモデルも見つかっている。9to5Macはこれらのモデルについて、次世代のM1Xチップを搭載した新型Mac miniではないかと推測している。

これらの資料を公開したREvilは、Quanta Computerが支払いを行わない限り、毎日資料を公開し続けると脅迫している。現時点では製品画像や設計図などの重要な資料は公開されていないようだが、今後もQuanta Computerが支払いを行わない限り、新型MacBook Proに関する資料が公開される可能性がある。

REvilの行為は明らかな犯罪であり、到底許されるものではないが、同事件の動向には注目しておきたいところだ。

関連記事
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証
iMac 2021 全機種の性能・違いを比較。24インチ(4.5K, M1)、27インチ(5K)、21.5インチ、あなたにオススメなモデルは?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。