新型Mac Proや新型MacBook Proは遂に今春発表か。「macOS 13.3」 も同時リリースへ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは遂に今春、新型Mac Proを発売する計画であることがわかった。現地時間11日、米メディアBloombergの著名記者Mark Gurman氏が伝えた。

Mark Gurman氏によれば、Appleは今春に 「macOS 13.3」 をリリースする計画であるとのこと。現在、Appleは 「macOS 13.2」 のリリースに向けたベータテストを行なっているが、早くもその次のバージョンの開発も実施しているようだ。

例年どおりであれば、「macOS 13.3」 は2023年3月に配信される可能性が高い。参考情報として、「macOS 11.3」 は2021年4月に、「macOS 12.3」 は2022年3月に配信されていた。

そして、この 「macOS 13.3」 は新型14/16インチMacBook Proや新型Mac Proと同時にリリースされる可能性があるという。現在、開発中の新型Mac Proは 「macOS 13.3」 でテストされており、これらの今春に発売する予定であることが示唆されている。

新型MacBook Proについては、M2 ProとM2 Maxチップ、より高速化したRAM(メモリ)を搭載して性能を強化したマイナーアップデートモデルになると予想されている。画面サイズは現行モデルとおなじ14インチ/16インチの2種類。筐体デザインの変更箇所はなさそうだ。

新型Mac Proは、M2 Pro/M2 Maxよりも性能の高いM2 Ultraチップを搭載する予定。当初噂されていた最上位チップM2 Extremeの搭載は見送られたと報じられている。

デザインは、現行のIntelプロセッサ搭載Mac Proと同じになる予定。噂されていた筐体の小型化などは実施されない可能性が高そうだ。

また、M2 Ultraのマザーボード (チップセット) にメモリが直接くっつけられる仕様であることから、ユーザー自らがアクセスできるメモリスロットはなくなってしまう予定。搭載メモリを増やしたい場合は、自分で増設するよりも高額になってしまうが、新型Mac Proの購入時にメモリをアップグレードしておく必要がありそうだ。また、購入後にAppleに送付してアップグレードできるかどうかは分かっていない。

そのほか、新型Mac Proにはグラフィックスやメディア、ネットワークカード用のSSDスロットが2つ用意されているとのことだ。

なお、MacBook ProやMac Proのほか、Mac miniの新型モデルの登場にも期待が高まっているが、Mark Gurman氏はしばらくMac miniに関して言及していないことから、同モデルの発売時期については不透明となっている。

関連記事
新型Mac Proは現行モデルと同じデザインを採用。RAMのユーザーアップグレードはやはり不可か?
Apple、次期Mac ProへのM2 Extremeチップ搭載を断念か。発売は2023年との情報

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。