新型Mac ProはM2シリーズのチップが搭載か。M2シリーズの全ラインナップを著名記者が報じる

いよいよ3月18日に発売を迎えるプロユーザー向けデスクトップMac 「Mac Studio」 。本製品の発表の最後に、Appleのハードウェアエンジニアリング担当上級副社長ジョン・ターナス氏は新型Mac Proについて言及し、後日改めて発表する旨を伝えていた。

この新型Mac Proには、M1シリーズではなくM2シリーズのチップが搭載されることになるかもしれない。米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏が、毎週末に配信しているニュースレター 「Power On」 の中で、M2シリーズのラインナップを予想している。

新型Mac Proには 「M2 Extreme」 が搭載か

Mark Gurman氏は、Appleが 「M1 Ultra」 を最後のM1チップであると言及したことを受け、新型Mac Proの搭載チップは2パターンが考えられるとしている。

まずはM1 Ultraを単純に2つ接続したチップのことを 「デュアルM1 Ultra」 とするなど、新しい名称をつけないパターン。もうひとつは、Mac StudioでM1シリーズのチップの搭載は終了とし、新型Mac ProにM2シリーズのチップを搭載するパターン。

M2シリーズのチップが搭載される場合、「M2 Ultra」 を2つ接続したデュアルM2 Ultraが搭載されることになるという。Gurman氏はこのチップを 「M2 Extreme」 と呼んだ上で、M2シリーズのチップのCPU/GPU構成は以下のようになると予想した。

M2シリーズのチップ
名称 CPUコア数 GPUコア数
M2 8コア 9コア or 10コア
M2 Pro 12コア 16コア
M2 Max 12コア 32コア
M2 Ultra 24コア 48コア or 64コア
M2 Extreme 48コア 96コア or 128コア

新型Mac ProにM2シリーズのチップが搭載される理由は、Mac Proよりも先にM2チップを搭載したMacが登場してしまう可能性があるから。Gurman氏は、今年の半ばまでに少なくとも2〜3種類の新型Macが登場すると聞いており、その新型MacにM2チップが搭載された場合、新型Mac ProにもM2シリーズのチップを搭載した方がマーケティング上良いとしている。

現時点で、AppleはMacBook Airや13インチMacBook Pro、Mac mini、24インチiMacのM2チップ搭載モデルを開発中で、これらのMacは今年から来年にかけて発売予定と噂されている。もしかすると新型Mac Proよりも前にこれらのモデルが登場する可能性は十分にありそうだ。

ちなみに、2023年末までに登場すると予想されているM2シリーズのチップを搭載した新型Macは以下。

2023年までに登場予定の新型Mac
製品名 搭載チップ
MacBook Air M2
MacBook Pro (13インチ) M2
Mac mini M2/M2 Pro
iMac M2
MacBook Pro (14インチ/16インチ) M2 Pro/M2 Max
iMac Pro M2 Pro/M2 Max
Mac Studio M2 Max/M2 Ultra
Mac Pro M2 Ultra/M2 Extreme

関連記事
2022年に発表されるApple新製品の情報・スペックまとめ。発売時期も予想してみた
Apple、新型 「Mac Pro」 の発売を予告。”最後のApple Silicon移行製品” として登場予定

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。