次期iPhoneの6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同じ端末サイズに 「iOS 12」からは横向きでも「Face ID」が利用可能

Appleは今年3つの新型iPhoneを用意しているが、そのうち最も大きなモデルとなる6.5インチOLEDモデルは、現行の「iPhone 8 Plus」と同じ端末サイズになるようだ。

これを伝えているのはMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)。信頼できるサプライヤーの情報筋から入手した情報だとしており、とても信ぴょう性の高い情報となっている。

6.5インチOLEDモデルは「iPhone 8 Plus」とほぼ同じ大きさに

同メディアによると、6.5インチモデルは「iPhone X」の大型モデルになる予定で、その端末は「iPhone 8 Plus」と同じ大きさになるとのこと。

ただし、背面カメラに関しては実装形式が変わるとのこと。厚みは「iPhone 8 Plus」から0.2mmほど増える見込みで、7.7mmになるという。

参考
iPhone 8 Plus」の端末サイズ
高さ158.4 mm 幅78.1 mm 厚さ7.5mm

この6.5インチモデルは「iPhone X」を大型化させたモデル(上記画像の右)で、「iPhone X」と同じく有機ELディスプレイが搭載される予定。もちろんホームボタンが存在せず、ベゼルレスデザインになると噂だ。

画面上部にはノッチ(切り欠き)が用意され、顔認証機能「Face ID」が搭載されるとみられている。

次期iPhone Xはカメラレンズが大型化

ちなみに、Macお宝鑑定団Blod(羅針盤)は、さらに残された二つの新型iPhoneについても新しい情報を投下している。

残された二つのiPhoneは、5.8インチOLED搭載モデル(次期iPhone X)と6.1インチ液晶を搭載した低価格モデル。

まずは、5.8インチモデルに関してだが、こちらは現行の「iPhone X」と同じ筐体を採用するとのこと。つまり、大きさやデザインにはほとんど変更点がない、ということだ。ただし、搭載されるカメラはセンサーが大型化され、レンズも大きくなるという。

さらに「Face ID」も改良される。これまでは縦の状態でしか、顔認証ができなかった「iPhone X」だが、次期モデルでは横にした状態でも顔を認識することができるとみられる。これは「iOS 12」から利用可能になるとみられ、現行「iPhone X」でも利用できる可能性がありそうだ。

低価格な液晶モデルはシングルレンズを搭載か 画面サイズは6インチ

そして、最後に6.1インチの液晶を搭載した低価格モデルに関して。こちらは「iPhone X」などの上位モデルから、いくつか最新機能を落とす代わりに、値段を抑えた端末になる(iPhone 5cやiPhone SEと似たような立ち位置か)とされる。

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、同端末も「iPhone X」と同じベゼルレスデザインを採用するとされ、ホームボタンは搭載されず、TrueDepthカメラの搭載によって「Face ID」が利用できるとみられる。

端末サイズは「HUAWEI nova lite 2」「Moto G5 Plus」に近いとのこと。ただし、搭載される液晶の画面サイズは6.1インチになると予想されていたが、実際は6インチになる可能性もあるとのこと。

各端末のサイズ
端末名 端末サイズ
iPhone X 高さ 143.6 mm 幅 70.9 mm 厚さ 7.7 mm
HUAWEI nova lite 2 高さ 150.1 mm 幅 72.05 mm 厚さ 7.45 mm
Moto G5 Plus 高さ 150.2 mm 幅 74.0 mm 奥行き 7.7 mm ~ 9.7 mm
iPhone 8 Plus 高さ158.4 mm 幅78.1 mm 厚さ7.5mm

端末の背面にはシングルカメラが搭載されており、デュアルレンズカメラが搭載される5.8インチモデルと6.5インチモデルとは差別化が図られるようだ。

2018年秋、Appleは3つの新型iPhoneを発表するとされているが、それらは全て「iPhone X」をベースに作られた端末だ。

「iPhone X」は昨四半期で最も売れたスマートフォンになったことが判明しているが、さらに大型モデルと低価格モデルを追加することで、スマートフォン市場でさらなるアドバンテージを得ることができるかもしれない。次期モデルについては世界的に注目が集まっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。