AirPodsにハイエンドモデルが2019年に登場 新型HomePodや純正ヘッドホンも同年発売予定

Appleは2019年、3つの新型オーディオデバイスを発売する市場に投入する予定だ。米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏によると、Appleはハイエンドモデルの「AirPods」、そしてスマートスピーカー「HomePod」の新型モデル、純正のオーバーイヤーヘッドホンを開発中で、これらは2019年にリリースされることになると伝えている。

新型AirPodsは2019年に登場か

まずはAirPodsのハイエンドモデルについて。AirPodsは2016年12月に発売した完全ワイヤレスイヤホンだが、防水性能を高めた新型モデルあるいはHey Siri機能を搭載させ、防水性能を向上させた新型モデルが数年内に投入されるという噂がある。一部では年内に同新型モデルが発売するという話も出ていた。

しかし、Mark Gurman氏によるとAirPodsの新型モデルは2019年に発売するという。

また、興味深い話も出ている。それは現行の価格帯のAirPodsに加えて、さらにハイエンドなモデルのAirPodsも登場するという話。

このハイエンドモデルは、防水性能を向上させ、ノイズキャンセリング機能を搭載しているという。また、心拍センサーや生体認証センサーを搭載するという計画があるほか、iPhoneやiPadから離れた位置でも音楽の再生や通話ができる方法を検討しているとも伝えられている。

この計画が意味するものは、AppleはAirPodsをiPhoneのように「上位モデル」と「下位モデル」に分けて、広い層に向けた販売をする可能性があるということ。おそらくハイエンドモデルの価格は現在の16,800円(税別)よりも高いものになるだろう。

新型ワイヤレスヘッドホンはノイズキャンセリング機能が搭載

次にAppleの純正オーバーイヤー型ヘッドホンについて。AppleはこのヘッドホンをBoseやゼンハイザーといった高級ヘッドホンに対抗する製品と位置付けている模様。

Bloombergは同ヘッドホンに搭載される機能については詳細を説明していないが、「Beatsのハイエンドヘッドホンを代替する製品」としていることから、Boseのヘッドホンと同じくノイズキャンセリング機能を搭載した音質を追求した製品になるとみられる。

当初は2018年内に発売することを目標としていたようだが、開発中に問題が発生し発売時期を遅らせた模様。現時点では「早くて2019年の発売」とBloombergは伝えており、100%来年発売するとは断言できないようだ。

新型HomePodは2019年のリリースを目指して開発中

そして、HomePodの新型モデルについて。こちらに関しても、Appleは2019年のリリースを目指しているようだ。

同モデルはHomePodの低価格モデルと予想されており、現行のHomePodに比べて機能や性能を下げ、価格を抑えたモデルになるとみられている。また、Appleは各サプライチェーンと交渉を行なっており、現在HomePodの生産・供給を行なっているInventecへの依存を減らし、新たにFoxconnとの提携を拡大させているとのこと。また、新型モデルについてはFoxconnの独占で生産する可能性もあるようだ。


3つの新オーディオデバイスが2019年に投入される計画であることが分かった。残念ながら年内にリリースされるわけではないため、新型モデルに期待している方は今後もしばらく情報を追う必要があるだろう。

ただし、逆を言えば来年まで新型モデルが登場しない可能性があるということ。Mark Gurman氏の情報は正確性が高いことが多いため、新型モデルを待つのをやめて、現行モデルを購入してしまうのもアリなのかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。