次期Apple Watchはより丸みのあるデザインに、新たなコンセプト画像が登場

現在好評発売中のApple Watch。持っている人は決して多くはないかもしれないが、かなりの便利さから買わなくても情報だけ追っている人も多いのではないだろうか。

すでにAppleは次世代Apple Watchを開発中であることは想像に難くないが、早速「Apple Watch 2」のコンセプト画像が登場してきたので紹介する。

次期Apple Watchはこうなる

apple-watch-2-design5

こちらがドイツのデザイナー、Eric Huismann氏がデザインしたコンセプトデザイン画像だ。

基本デザインは現行機種のApple Watchに近いが、ケースが薄くなったことで、より丸みを帯びたスマートな形になっているのがわかるだろうか。

現在発売中の「Apple Watch」は少し厚みがあり、角張った印象が拭えない。しかし時計は腕につける道具。出来れば日常生活の邪魔にならないように薄くすることが求められていることもあり、次期Apple WatchはEric Huismann氏のコンセプトデザイン画像のように、今より薄いデザインになることが予想されている。

1.2Mピクセルカメラと血圧計、体温計が内蔵

apple-watch-2-design2

Eric Huismann氏はデザイン以外にも本体の機能についても予想している。

apple-watch-2-design4

新しい機能として、1.2メガピクセルカメラを搭載することで、Facetimeで友人と会話することが可能になったり、血圧計や体温計が搭載され、健康維持ツールとして進化する。

新素材製が登場、より大きなサイズが登場

現在Apple Watchのラインナップにあるのは、38mmと42mmの2種類だ。Eric Huismann氏はこれに加えて、新たに45mmのサイズが加わることを予想している。

apple-watch-2-design3

今でも比較的大きく感じるApple Watchがさらに大きくなるのかは分からないが、どうだろうか。

apple-watch-2-design1

また、腕に巻くバンドに関しては新たな素材も採用する可能性があることを指摘している。

Eric Huismann氏のコンセプトデザイン画像はかなり現実的なもので、実現不可能ではなさそうだ。個人的には、大きさが大きくなることよりも、バッテリー持ちが良くなったり、より腕にフィットするデザインになってくれた方が嬉しいのだが、今後Apple Watchがどう進化していくのか楽しみだ。

[ via Cult of Mac ]

apple-watch-2-design5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう