次世代Googleアシスタント、処理速度が10倍高速に ウェイクワードを言わず畳み掛ける連続質問も可能 「Pixel 4」は2019年内に発売へ

Googleアシスタントが10倍高速化。さらに、「OK、Google」 というウェイクワードも最初の呼び出し時に言えば、あとは一切発さずに連続で質問が可能だ。

Googleは米マウンテンビューで開催中の年次開発者会議 「Google I/O 2019」 で、次世代のGoogleアシスタントについて言及した。発表によると、Googleアシスタントはユーザーからの質問に対して従来比10倍の速度で処理が可能になるという。

また、連続質問も可能に。デモでは登壇者がスマートフォンに向かって 「Hey Google, カレンダーを開いて」 という命令を出したあと、続けて 「電卓を開いて」 「写真アプリを開いて」 「10分のタイマーを設定」 「今日の天気は?」 「明日の天気はどう?」 「ジョン・レジェンドのTwitterを見せて」…というように畳み掛けるように質問をしていくが、これらすべての命令にGoogleアシスタントは忠実に動作していく。それぞれの動作は非常にスムーズで、登壇者の声を聞きもらしたり、間違って認識するようなこともなかったため、会場から驚きの声が上がっていた。

次世代Google Assistantは処理速度やスマートさが向上

この動作スピードの向上とクイックな連続質問を可能にしたのは、Googleアシスタントの処理の仕組みが大きく変化したためだ。

これまでGoogleアシスタントはユーザーの声をネットワーク経由で処理していたが、次世代型ではディープラーニングの進化によって音声を処理する仕組みを100GBから0.5GB (500MB) まで縮小することに成功、デバイス内で処理できるようになった。これにより、音声データの伝送やネットワークの遅延の影響を受けることがなくなり、ユーザーの質問に対して素早い反応が可能になったというわけだ。

また、メールの返信を声だけで行うデモも披露された。長文を正確に聞き取るのはもちろんだが、驚きなのはメールの本文を話している途中で「件名を設定」と指示すると、件名の部分に指示した内容が入力されたり、本文終了後に続けて 「送信」 と指示するとスムーズにメールが送信されていたこと。次世代のGoogle Assistantはメールの本文の内容なのか、それとも他の指示なのかを明確に聞き取り、正しく処理できるようになっているようだ。

驚きの進化を遂げた次世代Google Assistantは、今年後半に発売予定の新型Pixelに搭載予定。他社のAIアシスタントと比べても圧倒的に高速でスマートな音声アシスタントの恩恵を得たい方は、新型Pixelの購入を検討しても良いかもしれない。

関連記事
Google、新型スマホ 「Pixel 3a/3a XL」 発表 価格は48,600円から、本日から販売開始
【比較】Pixel 3/3 XL と Pixel 3a/3a XL、どれを買うべき?性能や価格など違いは意外と多い
スマートディスプレイ 「Google Nest Hub」 が日本で発売へ

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。