次世代Wi-Fi 「IEEE 802.11ax」の名称は「Wi-Fi 6」、従来規格の名称もナンバリング形式に

現地時間10月3日、Wi-Fi規格を策定する業界団体Wi-Fi Allianceは、次世代Wi-Fi規格「IEEE 802.11ax」の名称を「Wi-Fi 6」にすることを明らかにした。

また、従来のWi-Fi規格に関しても、「Wi-Fi 5」「Wi-Fi 4」のようにナンバリングを付与することを発表している。

  • IEEE 802.11ax → Wi-Fi 6
  • IEEE 802.11ac → Wi-Fi 5
  • IEEE 802.11n → Wi-Fi 4

この変更は「分かりやすさ」に配慮したもの。今までの命名方法では、アルファベットや数字の羅列で分かりづらいものでしかなく、一般ユーザーが自身が普段どんなネットワークに接続されているのか、自身が使うWi-Fiルーターがどの規格に対応しているのかを知るには、ネットワークに関する専門知識を得る必要があった。

この変更に伴い、WI-Fiネットワークのアイコンについても変更が施され、アイコン内にどのネットワーク規格に接続しているのかを示すナンバーが表示されるようになるとのこと。これはスマートフォンに表示されるアイコンも含まれる。また、Wi-Fiルーターなどのネットワーク機器についても、この新しいアイコンを使ったパッケージが用意されることになりそうだ。

この変更に伴い、WI-Fiネットワークのアイコンについても変更が施され、アイコン内にどのネットワーク規格に接続しているのかを示すナンバーが表示されるようになるとのこと。これはスマートフォンに表示されるアイコンも含まれる。また、Wi-Fiルーターなどのネットワーク機器についても、この新しいアイコンを使ったパッケージが用意されることになりそうだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。