次期iPad ProはSmart Connectorの位置が変更に 3.5mmヘッドフォンジャックも廃止へ

今秋の登場が予想されている、次期iPad Proはダイヤモンドカットが強調されたデザインになる可能性があるようだ。

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)がサプライヤーから入手した情報では、次期iPad Proはやはり狭額縁、つまりベゼルレス仕様になる予定であるとのことだが、エッジ部分のダイヤモンド加工が背面にも施されたデザインになる可能性があるとのこと。イメージとしてはiPhone SEを大型化させたような感じになるようだ。

そして、筐体サイズは少しだけ小さくなる模様。次期iPad Proは2種類用意されるようだが、一つは10.5インチモデルの新型機。こちらは高さ247.5mm×幅178.7mm×厚さ6mmとなる模様。

また、12.9インチモデルの新型機は高さ280mm×幅215mm×厚さ6.4mmのサイズとなり従来モデルよりもやや小型化するとのことだ。そして、頭頂部と背面上部に計2つ搭載されているマイクは、次期iPad Proから頭頂部のマイクが2個になり、ステレオマイク仕様になっているとのこと。

ただし、重大な変更点もあるようだ。Macお宝鑑定団Blogによると、3.5mmヘッドフォンジャックが廃止される予定であるとのこと。iPadにはイヤホン(EarPods)が同梱されないため、「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」も同梱されない可能性があるとのこと。つまり、ユーザーは同アダプタを別途購入するか、もしくはワイヤレスイヤホンやLightningイヤホンを購入する必要があるということになる。

そして、これまで側面に配置されていた「Smart Connector」の位置が、Lightningコネクタに近い背面下側に移動しているという。これは指紋認証機能「Touch ID」の代わりに顔認証機能「Face ID」が搭載されるものの、iPadを横にした状態でロック解除が出来ないためである可能性があるという。

次期iPad Proは、筐体サイズが従来と同じ、もしくは小さくなることが予想されているが、ベゼルレスデザインが採用されることで、画面が大型化する可能性がある。しかし、この変更に伴って、デザインや仕様の変更がいくつかある模様。次期モデルの購入を予定している方はこの辺りを知っておく必要がありそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。