iPad Proもトリプルレンズカメラを搭載?中国のサプライヤーからリーク

2019年に発売するiPhoneの最上位モデルにはトリプルレンズカメラが搭載されることが確実視されている中、このトリプルレンズカメラはiPhoneだけでなくiPadにも搭載される可能性が浮上した。

これを伝えているのは国内メディアMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)。同メディアは中国サプライヤーからの情報として、iPad Proにトリプルレンズカメラが搭載される可能性を報じている。

次期iPad Proにもトリプルレンズカメラが搭載か

Macお宝鑑定団Blogによると、Appleは今年新型iPad Proを発売する見込みで、その新型モデルの背面にはiPhoneの有機ELディスプレイ搭載モデルと同じトリプルレンズカメラが搭載されるという。また、iPad(第6世代)の後継機種もしくは噂の10.2インチiPadにもiPhone XRの後継機種と同じくデュアルレンズカメラが搭載されるという。

次期iPhoneのトリプルレンズカメラに関しては詳細はまだほとんど明らかになっていないものの、現時点で分かっていることとして、それぞれのレンズの内訳は広角レンズと望遠レンズ、超広角レンズの3つになるとの噂。iPhone XRの後継機種に関してはiPhone XSのデュアルレンズカメラと同じあるいは改良されたものが搭載されると報じられている。

今回の情報が本当かどうかは不明だが、もしカメラがアップグレードされれば、これまで以上に綺麗で優れた写真を撮影できるようになるだろう。

iPadで写真を撮る人が一体どれくらいいるのかは不明だが、マルチカメラを搭載したタブレット端末はライバル社からはほとんど出ていないため、iPadはカメラの質という点で優位性を保つことができそうだ。

関連記事
次期iPad Proは2020年に発売予定、3D認識カメラが背面に搭載へーーBloomberg報じる
次期iPad Proは2019年Q4もしくは2020年Q1に発売 3Dモデリング技術が搭載、Face IDの精度も向上へ

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。