次期iPhoneのプロセッサ「A12」は7nmプロセスが採用 製造は台湾のTSMC

次期iPhoneに搭載されるプロセッサは、台湾メーカーのTSMCによって製造されることが分かった。台湾メディアのDigiTimesのレポートから明らかになっている。

次期iPhone向けの「A12」プロセッサはTSMC製に?

DigiTimesによると、Appleは次期iPhone向けのプロセッサ「A12」プロセッサをTSMCの1社のみに発注しており、同プロセッサは7nmプロセスで製造されることになると報じている。

これまでiPhone向けに製造されたプロセッサは10nmプロセッサで製造されてきたため、これよりも微細化されることによって省電力化の他にも省スペース化、処理の高速化などさらなる恩恵が受けられることが予想される。

ちなみに、次期iPhone向けのプロセッサに関しては、2018年1月の段階でTSMCの一社だけに発注する計画であると報じられていた。一社供給体制によってプロセッサを生産できることになったTSMCは、記録的な利益をあげることが可能である、ともDigiTimesは伝えている。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。