次期iPhone、全モデルで「Face ID」が搭載へ

韓国のETNewsによれば、Appleが用意しているiPhoneの次期モデル全てに、顔認証機能「Face ID」が搭載されることになるとのこと。

以前からの噂では、Appleは2018年秋に3種類の次期iPhoneを用意しているとみられている。ひとつは、現行の「iPhone X」にマイナーアップデートを加えたモデルで、残るふたつは6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶搭載モデル。

いずれの新型モデルも、すべて「iPhone X」のデザインを踏襲したものであると予想されている。つまり、端末上部に「Face ID」を搭載するための切り欠きが存在し、ホームボタンが廃止されたベゼルレスデザインになるということ。人によっては好みの別れるデザインであるとも言える。

これまでも、すべてのモデルに「Face ID」が搭載される可能性は言及されてきたが、ETNewsによると、Appleはこれを正式に決定し、サプライヤーの選定に移ったという。

iPhoneの新型モデルに関するこれまでの噂は、以下の記事の通り。ちなみに、次期モデルは4GBのRAMが搭載し、バッテリー容量が増えるなど多数のアップデートが実施される見通しとなっている。

また、6.1インチ液晶ディスプレイモデルに関しては、JDIの「フルアクティブ」ディスプレイが搭載される予定。有機ELディスプレイモデルに比べてコストが安いことから、各アナリスト予測では同モデルが最も売れる端末になることが予想されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。