Samsung、今年5月から次期iPhoneの有機ELディスプレイ生産を開始  経済日報も同様の報道

今月13日、次期iPhoneの有機ELディスプレイの生産が早くも5月から開始される予定であると韓国ETNewsが伝えていたが、やはりこの日程で有機ELディスプレイの生産が開始される予定なのだろう。

台湾の経済日報は、Samsung Displayが次期iPhone向け有機ELディスプレイの生産を来月から開始する予定であると伝えている。

次期iPhone向け有機ELディスプレイの生産が来月から開始か

経済日報のレポートによると、Samsungは2018年5月に有機ELディスプレイの生産を開始し、6月には生産量を2倍に増やす計画であるという。本来は6月末もしくは7月に生産を開始する予定であったが、何らかの理由で計画が前倒しになったようだ。

一昨年の「iPhone 7」シリーズは、ほぼ例年通り9月に発売したもののユーザーの手元に届くまで時間がかかってしまい、昨年の「iPhone X」は、部品の歩どまり率の関係でそもそも発売が遅れてしまうなど、近年の新型iPhoneは何かとトラブル続き。

Appleはこれらの事態を重く受け止め、今年は余裕を持って部品を調達することにしたのかもしれない。今年こそ新型iPhoneを9月に発売し、ユーザーの手元に速やかに届けることができるだろうか。

ちなみに、今年秋に発売予定の新型iPhoneは、有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X」の次期モデルと6.5インチの大型有機ELディスプレイを備えた「iPhone X Plus」、そして6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した安価なiPhoneが登場すると噂されている。

[ via AppleInsider / MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。