「iPhone SE 2」今年9月に発表か 最終デザインは未決定も6インチの大画面を搭載する案も浮上

ここ数日、新型「iPhone SE」の噂が乱発している。以前はデザインの変更はほとんど存在しないマイナーチェンジが予想されていたが、ここ最近の噂では、「iPhone X」のようにホームボタンが廃止され、ベゼルレス化した端末になるという情報がチラホラ登場し情報が錯綜していたが、国内メディアのMacお宝鑑定団Blogから、さらに新しい情報がもたらされた。

同メディアは、「iPhone SE」の次期モデルはまだ最終デザインの決定には至っておらず、さらに発売も以前の予想(2018年第2四半期:4月~6月)とは異なり、2018年第3四半期の後半であると伝えている。

次期「iPhone SE」は2018年第3四半期に登場する可能性が濃厚

これは、「Japan IT Week 春 2018」内の第9回モバイル活用展春に出展していた中国ケースメーカーや保護ガラスメーカーなどの各メーカーから聞いた話とのこと。「iPhone SE」の後継モデルは、まだ生産が開始されていない状況であることから、2018年第2四半期(4月~6月)に発売される可能性は低いようだ。

現時点で濃厚な投入時期は、「2018年第3四半期の後半」。つまり、次期「iPhone X」や大型モデルと噂の「iPhone X Plus(仮称)」と同時にリリースされる可能性があるということ。

また、気になる本体デザインについてだが、こちらはApple社内でもまだ最終決定に至っていないとのこと。筐体サイズが現行モデルと同じタイプのものや6インチのディスプレイを新採用したタイプなど複数の案が存在しているが、どれが本採用になるかは決まっていないようだ。

ただし、これらの複数案の中で共通しているのはホームボタンが廃止され、端末上部に「TrueDepthカメラ」が搭載されるというもの。つまり、「ベゼルレス化」するというもので、「iPhone X」のデザインをベースに作っている可能性がある。

今回の報道で疑問となるのは、これまで噂されてきた新型モデルの正体は、本当に「iPhone SE」の次期モデルなのだろうか、ということ。

そもそも6インチのディスプレイを採用する案が浮上しているという話も非常に興味深い。なぜなら、6インチというと現行の「iPhone X」(5.8インチ)のそれよりも大きいからだ。

当然、「iPhone SE」のような低価格モデルがフラグシップモデルより画面サイズが大きいはずはない。ましてや、部品コストの高い「Face ID」を採用するのであれば端末価格も上昇は避けられないだろう。もし、Appleが本当に6インチ画面を採用した新型「iPhone SE」を検討しているなら、それはもはや低価格モデルの後継端末ではなさそうだ。

しかも、Appleは3種類の次期iPhoneを用意していると噂されているが、そのうちの1機種が6インチ(あるいは6.1インチ)の画面を採用するとされている。このことから、同モデルと次期「iPhone SE」と目される端末が同じものである可能性も出てきた。

もしくは、Appleは6インチの画面を採用した端末を2つ用意している?それはあまり現実的な話ではなさそうだ。

本体サイズがどうなるのか、価格は低価格路線を維持できるのかなど疑問は依然として尽きないが、いずれにしてもAppleは次期「iPhone SE」を2018年9月まで発表しないようだ。ただし、9月発売だとまもなく生産が開始される頃であるため、今後はさらなる新情報がもたらされるだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。