次期「iPhone X」は現行モデルよりも安価に 部品のコストを抑えることで6.1インチ液晶モデルよりも安く提供?

Appleは2018年、有機ELディスプレイを搭載した5.8インチの次期「iPhone X」と6.5インチの「iPhone X Plus(仮称)」、さらに有機ELディスプレイよりも安価な6.1インチ液晶ディスプレイ搭載モデルを用意すると噂されている。

このうち、これまでは一番安価なモデルが6.1インチ液晶モデルになると言われていたが、もしかすると有機ELディスプレイを搭載した5.8インチモデルの方が安くなる可能性があるようだ。

有機ELのコスト減や性能を抑えることで6.1インチモデルよりもコストが安く?

DigiTimes ReserchのシニアアナリストであるLuke Lin氏によると、Appleは最近、Samsung Displayと交渉し、次期iPhone用の有機ELディスプレイのコストを抑える条件を確保。

これにより、5.8インチの次期「iPhone X」のコストが現行モデル(400ドル以上)より10%ほど下回ることになると伝えている。

また、Appleは次期「iPhone X」のRAM容量やストレージ容量を少なくするなど、性能を抑えることも検討しているため、今年発売が予想されている3つのモデルの中で5.8インチモデルが一番安くなる可能性があるという。

ただし、いくら有機ELディスプレイモデルが安く手に入るようになったからといって、液晶モデルよりも安くなるというのはにわかには信じがたい情報だ。続報待ちになるとは思われるが、皆さんはどう捉えるだろうか。

ちなみに、Appleは5.8インチの液晶モデルを開発していたとLin氏は報告しているが、こちらのプロジェクトは2月の旧正月時点から頓挫しており、最終的には終了する可能性があるとのこと。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。