次期iPhone XRはiPhone XSシリーズと同様に4×4 MIMOに対応 データ通信がより高速化

今年発売される次期iPhoneは昨年と同様3モデル体制になるとの噂だが、このうちのエントリーモデルである次期iPhone XRの通信に関する新しい情報が登場している。

MacRumorsがBarclaysから入手したレポートによると、次期iPhone XRはすでにiPhone XSシリーズで採用している 「4×4 MIMO」 に対応するという。現行モデルのiPhone XRが 「2×2 MIMO」 を採用しているため、これよりも速いデータ通信が可能になる。

「4×4 MIMO」 への対応によりデータ通信が快適に

「4×4 MIMO」 と 「2×2 MIMO」 の違いはかなり顕著で、数ヶ月前にPC MagazineがiPhone XSシリーズとiPhone XRとで速度テストを行ったところ、iPhone XSシリーズの方が遥かに優れたパフォーマンスを示したことが明らかになっている。

データ通信速度が向上することで、LTEでの通信時にSafariで重いサイトを開いたり、YouTubeなどで再生時間の長い動画を読み込む際のストレスが軽減され、よりコンテンツに集中できるようになる。LTE通信下で作業をすることが多ければ多いほど、その恩恵を感じることができるはずだ。

ちなみに、次期iPhoneに関しては、最上位モデルにトリプルレンズカメラが搭載され、ミドルレンジモデルとエントリーモデルにはデュアルレンズカメラが搭載されると噂だ。

また、外部ポートに関しては以前はiPad Proと同じくUSB-Cが採用されるという噂があったものの、最近では変わらずLightningが採用されるという情報もあり、どちらになるかは現時点ではまだはっきりしていない状態だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。