PS5に直接使えるヒートシンク一体型SSD、Nextorageから発売

PS5は今月15日に配信された大型システムソフトウェアアップデートで、待望のM.2 SSDを利用したストレージ拡張に対応した。

これに伴い、PS5に取り付けるだけでストレージが拡張できるヒートシンク一体型SSD製品 「NEM-PAシリーズ」 がNextorageから登場した。

発売は2021年9月下旬を予定。価格はオープン。

NextorageからPS5で使えるPCIe 4.0 M.2 2280 SSD 「NEM-PAシリーズ」 発売

「NEM-PAシリーズ」 は、PS5の拡張スロットにそのまま取り付けられるヒートシンク一体型M.2 SSD。ハピネットがNextorageとアイ・オー・データ機器と協業で販売する。PS5が求める要件をすべて満たし、かつPS5における高速ロードの動作が確認されているため、PCパーツ初心者の方でも手軽にPS5のストレージを拡張できる製品となっている。

本製品をPS5の拡張スロットに取り付けることで、PS5とPS4のゲームデータを直接ロード可能。熱放射性の高いヒートシンクが一体となっており、データの高速読み書き時の温度上昇を抑え、サーマルスロットリングによる速度低下を抑える。Nextorageによれば、PS5における読み込み速度は6,500MB/sを超えるパフォーマンスになっているとのことだ。

また、PC環境で利用した場合では読み出し最大7,300 MB/s、書き込み最大6,900 MB/s (1TBモデルは最大6,000 MB/s) となるとのこと。

容量は1TB、2TBの2種類がラインナップ。販売は全国コンシューマーゲーム販売店、家電量販店、オンラインショップなどのゲーム売場。価格は前述のとおりオープン。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。