SIE社員がNHK BS『魔改造の夜』に出演。8月20日/27日の各回で 「ネコちゃん落下25m走」 「電気ケトル綱引き」 に挑む

NHK BSの人気番組『魔改造の夜』に、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のエンジニアたちが出演することが決定した。エンジニアたちは 「Sニー」 の一員として登場するとのこと。

『魔改造の夜』は、エンジニアたちが極限のアイデアとテクニックを競う技術開発エンタメ番組。

毎回おもちゃや家電が “魔改造” され、えげつない怪物モンスターが登場することで多くの反響があるテレビシリーズだが、そこにSIEのエンジニアたちが参戦。「Sニー」 含む3チームが『ネコちゃん落下25m走』と『電気ケトル綱引き』という2つのテーマに挑むという。

『ネコちゃん落下25m走』
第1夜のお題は、ネコちゃんのおもちゃを6m落下させ合計25m走る『ネコちゃん落下25m走』。ネコちゃんを走るようにして、さらに6mの落下に耐えられるよう魔改造を行う。

合計25mを最も速く走らせたチームが勝ち。元々は歩く機能だけのネコちゃんをどう走らせるか。さらに6mも落下するとそのままでは壊れてしまう。しかも着地して目指す方向に走れないとゴールできない、極めて難しい競技。どのチームも苦悩しつつ、3者3様の全く違う姿の“モンスター”が誕生する。

怪しい魔界での夜会で、3チームは、無事に落下して25mを走り切ることはできるのか? 今回も全く予想もしなかった展開に…

『電気ケトル綱引き』
第2夜のお題は『電気ケトル綱引き』。
すぐに水を沸騰させられる“電気ケトル” 。その湯を沸かす機能を拡張させ、そこから動力を生み出し、電気ケトルで綱引きをするという競技。まるで蒸気機関車を発明するかのように、それぞれ全く違う怪物マシンに魔改造していく。

このお題は、初めてのチーム対戦型。1分間でより多く引いたチームが勝ち。電気ケトルに入れられる水は大量ではない。そこから、どんな仕組みで動力を生み出すのか。

連日、魔改造が繰り返され、驚きの力を発揮するそれぞれの“モンスター”が誕生。1分間の綱の引き方など各自の戦い方でも勝負は左右される。

第2夜も興奮と感動の展開に。大人のヤバい本気を示す、究極の技術の格闘技。世界中のどこにもない、歓喜と興奮の世界。どんな新たなドラマを見られるのか。

番組は8月20日(土)午後10時~と、8月27日(土)午後10時~の2回にわたって放送されるとのことだ。エンジニアたちの本気をぜひご覧いただければと思う。

「魔改造の夜 第5弾」
2022年8月20日(土)22時~ (89分) BS プレミアム・BS4K
『ネコちゃん落下25m走』

2022年8月27日(土)22時~ (89分) BS プレミアム・BS4K
『電気ケトル綱引き』

(画像提供:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

©Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。