「iOS 9.3 beta 5」で、低電力モード中は「Night Shift」が無効になることが判明

nightshift

先日発表された「iOS 9.3」には「Night Shift」モードという機能が搭載されるのは、おそらく多くの方がご存知だと思う。

「Night Shift」モードは、夜間など暗い時にディスプレイの色合いを寒色系から暖色系にすることで、目への負担を少しでも軽減するという機能で、iPhoneの「設定」アプリやコントロールセンターからオン/オフを切り替えられるようになった。

すでにこの機能は、デベロッパー向けの「iOS 9.3 beta」やパブリックベータ向けの「iOS 9.3 Public Beta」で先行して配信されているものなのだが、MacRumorsによると最新の「iOS 9.3 beta 5」では「低電力モード」にすると同機能が利用できなくなることが明らかになった。

低電力モード中は「Night Shift」は使用できず

MacRumorsによると、昨日公開された「iOS 9.3 beta 5」から低電力モードを利用している際は、「Night Shift」が利用できなくなっていることが確認できたと報告している。

低電力モード
名前の通り電力消費を抑えるモードで、メールの取得やAppのバックグラウンド更新、自動ダウンロードなどが抑えられることでバッテリーライフを長持ちさせることができるようになる。「iOS 9」から新機能として導入された。

僕も試しにやってみたのだが、「iOS 9.3 beta 5」では「低電力モード」をオンにすることで、「設定」アプリ内の「Night Shift」の設定項目がグレーになり変更できないほか、コントロールセンター内の「Night Shift」変更ボタンもグレーアウトしてしまっている。

iphone6sscrennshot33

また、「Night Shift」をオンにしてから「低電力モード」に切り替えを行うと、自動で「Night Shift」モードはオフになり、通常の画面に戻されてしまう。

さらに、僕も気付かなかったが「iOS 9.3 beta 5」から、「設定」アプリで「Night Shift」をオンにすると表示されるコンテキストメニューが表示されなくなっており、設定アプリも部分的な変更が行われていたようだ。

night-shift-ios9

ちなみに、これはデベロッパー向けの「iOS 9.3 beta 5」だけでなく、パブリックベータテスター向けの「iOS 9.3 Public Beta 5」でも同様に変更が加えられているのは僕の方でも確認できた。

先日もベータ版「iOS」において、「iPad Pro」で「Apple Pencil」をナビゲーション代わりに利用することができなくなっていたが、ユーザーによって指摘されたことで再度復活した。これらはあくまで「ベータ」版だけの変更で、一般に公開される「iOS 9.3」ではまた仕様が変わる可能性があるため、必ずしも利用できなくなるというわけではなさそうだ。

今回このような変更があった理由は今のところ不明だが、もしかすると「Night Shift」モードは消費電力を消費する一つの要因なのかもしれない。「低電力モード」にはそぐわない機能であったなら、それは仕方のないような気もする。

今後のiOSのアップデートでその辺りは判明していくと思うので、今後の情報のチェックは忘れないように!

[ via MacRumors ]

nightshift-for-controlcenter
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう