日本通信、「合理的携帯料金プラン290」 提供開始。基本料290円の従量式プラン

日本通信は新料金プラン 「合理的シンプル290」 を発表。同日1月27日より提供を開始した。

「合理的シンプル290」 は、データ通信と音声通話の両方を携帯キャリアの原価ベースで調達できるようになったことを活用した、新たな料金プラン。

料金体系は従量式となっており、使ったデータ容量に応じて料金が上がっていく。基本料を290円とし、1GBが追加費用なしで利用できる。1GB以上を使用すると、1GBにつき220円が課金される。

合理的シンプル290 月額基本料金
データ容量 月額料金
1GB 290円
2GB 510円
3GB 730円
4GB 950円
5GB 1,170円

従量プランは使った分によってお支払い金額が決まるため納得感のある課金方法ではあるものの、どれだけ請求されるかわからないという不安がある。

日本通信はこうした不安を解消するため、データ利用量の上限を設定できる 「上限設定機能」 を設ける。上限は1GB〜10GBまで1GB単位で設定でき、たとえば毎月3GBの設定にしておけば、その月のデータ使用量を3GB以内に抑えられる。

また、もし3GBに設定していても、実際には2GBまでしか使わなかった場合には、2GB分の月額510円(基本料290円+220円)が請求されるとのこと。使いすぎや請求過多を防ぐことができる、まさに “合理的” なプランとなっている。

本プランには、70分/月まで国内通話が定額で利用できるオプションを月額700円で提供するほか、通話かけ放題も月額1,600円で提供する。通話をメインで使用するなら、290円(基本料)+1,980円=2,270円で通話用回線を持つことも可能だ。

関連リンク:日本通信、基本料290円の合理的携帯料金プランを投入|日本通信 ニュース・お知らせ

(画像:日本通信SIM)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。