任天堂、自社の著名キャラクターが登場するアプリを年内に発売か

ようやく任天堂が本腰を入れ始めたか!

毎日新聞によると、任天堂の君島達己社長は「任天堂の著名キャラクターが登場するスマホ向けソフト」の開発をしており、年内のリリースを目標にしていることを伝えている!

2016年は任天堂イヤーに

モバイルアプリに関して任天堂は、2017年3月までに5本のスマホ向けアプリをリリースすると宣言している。

miitomo7

任天堂は、既に1本のスマホ向けアプリのリリースを発表しているが、その正体は「Miitomo」という残念アプリだったこともあり株価は急落。ユーザーの期待とはかけ離れたものとなった。

ユーザーが期待しているものは「マリオ」や「ゼルダの伝説」といった任天堂の著名キャラクターが登場するゲームアプリで、あとの残り4本でユーザーの期待通りのアプリが出せるか、世界中の人々が注目している。

毎日新聞の記事によると、君島社長は「2016年をゲーム業界で多くの新たなアイデアが出る面白い年にしたい」と宣言しており、注目されているスマホ向けアプリに関しても言及。

Nintendo-logo

自社の著名キャラクターが登場するスマホ向けアプリの開発を行っていて、「年内にもリリースできるように頑張りたい」と話している

どのキャラクターが登場するのか、どんな内容のアプリになるのかについては未だ不明だが、年内に発表される可能性が非常に高いことから、2016年は任天堂期待の年となりそうだ。

社長、期待していいんですよね?

次世代ゲームハード「NX」も今年発表か

毎日新聞は次世代ゲームハード機「NX」についても触れており、次世代機の詳細は今年発表されることを明らかにしている。

任天堂ハード変遷

また、今回「NX」の発表時期について言及されたことに加えて、「NX」は「既存のゲーム機の後継ではなく、全く新しい発想に基づくもの」と位置付けられていることが伝えられている。

「NX」は以前から開発が明らかになっており、噂ではソニーの「PS4」を凌ぐ性能になると言われているが、未だ詳細の発表は一切されていない。ただ、今回の情報で次世代ハード機「NX」は「Wii」のような奇抜な発想で生まれたゲームであることが明らかになった。

また、スマホ向けアプリを含めた任天堂のゲームソフトで遊ぶとポイントが付与されるシステムを今年の3月に導入することも判明している。

君島社長は、他にも自社キャラクターを活用したビジネスモデルを構築することを明らかにしており、映画やテレビアニメといったメディアに任天堂のキャラクターを登場させることや、テーマパークのユニバーサルスタジオと何かしらのコラボを検討しているとのことで、今後の任天堂はゲームビジネスを中核としていながらも、総合娯楽会社を目指しているのかもしれない。

 

「Wii U」などのゲームハードの売れ行きはあまり好調ではなく、業績も不振が続いていた任天堂だが、昨年の10月に発表した中間決算では5年ぶりの営業黒字を達成している。

これを機に様々なビジネスモデルを展開することで不振から完全脱却することができるか、期待が集まっている。

[ via 毎日新聞 ]

Nintendo-logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう