任天堂、「Nintendo Labo: VR Kit」 4月12日発売 スイッチでVRコンテンツが楽しめる

3月7日、任天堂同社の最新ゲームハード 「Nintendo Switch」 でVRが楽しめるキット 「Nintendo Labo: VR Kit」 を発売することを発表した。発売日は2019年4月12日(金)、価格は 「Nintendo Labo: VR Kit」 が7,980円(税別)、「Nintendo Labo: VR Kit ちょびっと版」 が3,980円(税別)だ。

手軽にVRが楽しめる「Nintendo Labo: VR Kit」が発売

「Nintendo Labo: VR Kit」 は、Nintendo Switchと組み合わせて新しい遊びができる 「Nintendo Labo」 の新型モデル。ダンボール工作キット 「VRゴーグルToy-Con (トイコン)」 にSwitchを挿し込みゴーグルを覗くことで、Nintendo SwitchでVRコンテンツが楽しめる。

また、「VRゴーグルToy-Con」 にバズーカやカメラ、トリなど5種類のToy-Conと合体させることでVR世界を拡張、実際に体を動かしてゲーム世界と連動させることができる。「VRゴーグルToy-Con (トイコン)」 は手に持って操作し、頭への着脱の手間はなく、素早く取り扱えるのが特徴のひとつだという。

「Nintendo Labo: VR Kit」 は2種類のパッケージが用意されている。ひとつ目はVRゴーグルと5種類のToy-Conがセットになった標準パッケージで、二つ目はVRゴーグルとバズーカToy-Conだけがセットになった 「ちょびっと版」 だ。価格は 「Nintendo Labo: VR Kit」 が7,980円(税別)、「Nintendo Labo: VR Kit ちょびっと版」 が3,980円(税別)だ。

ちなみに、追加Toy-Conの 「カメラ&ゾウ」 「トリ&風」 の販売も予定されており、まずは 「ちょびっと版」 を購入し、楽しかったら後から追加でToy-Conを購入するのもありだろう。

実際の遊び方など詳しい情報については、任天堂の公式サイトで随時公開予定だという。Nintendo Switch向けVRがどのようなものになるのか気になる方は、ぜひ続報に期待していただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。