任天堂、新商品「Nintendo Labo」を発表 ニンテンドースイッチと組み合わせて遊ぶ工作キット

昨日、任天堂は「Nintendo Switchを活用した新しい遊び」の発表をアナウンスしていたが、本日朝、その詳細が明らかになっている。

発表によると、任天堂はニンテンドースイッチと組み合わせて遊ぶ工作キット「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」を発売する。発売日は2018年4月20日(金)を予定しているとのこと。

段ボールでコントローラーを自作し、ニンテンドースイッチと組み合わせて遊ぶ

「ニンテンドーラボ」は、段ボールで「Toy-Con(トイコン)」と呼ばれるコントローラーを作り、それをニンテンドースイッチ本体やJoy-Conと組み合わせて専用ソフトを起動することで、新しい遊びを体験することができる工作キットだ。

例えば、ピアノのToy-Conを作れば演奏することができたり、つりざおのToy-Conを作れば魚釣りを体験することができる。これらは「バラエティキット」と呼ばれるキットで楽しむことが可能だ。

また、これとは別の「ロボットキット」では、身につけるタイプのToy-Conを作って手足に装着することで、ユーザーの動きを画面のロボットに反映するということもできるようだ。

発売日は2018年4月20日(金)で、価格は「バラエティキット」が6,980円、「ロボットキット」が7,980円となっている(いずれも税抜)。また、マスキングテープやシールでToy-Conをカスタマイズできる「デコるセット」も同時に発売予定で、価格は980円(税別)だ。

さらに、この「ニンテンドーラボ」を一足早く体験できる「Nintendo Labo Camp」の開催も発表されており、東京では2月17日(土)と2月18日(日)の2日間、大阪では2月24日(土)と2月25日(日)の2日間にわたって行われる予定。エントリーは公式サイトから可能なので、気になる方はぜひ参加してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。