任天堂、「スーパーマリオ」のアニメ映画の企画開発を正式発表

Nintendo-logo

本日、任天堂はスマホ向け新アプリ「マリオカート ツアー」や、ニンテンドースイッチ向けオンラインサービス「Nintendo Switch Online」を2018年9月に提供開始することを発表しているが、同時に以前から噂されていたスーパーマリオの映画制作に関して正式に発表を行っている。

任天堂は米国カリフォルニアに本社を置く、イルミネーションと共同で、同社の人気キャラクター「マリオ」を扱った映画の企画開発を開始したことを発表している。

同プロジェクトのプロデューサーは、イルミネーション創業者で代表のChris Meledandri氏、そして任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏が共同で担当するとのこと。

また、映画にはUniversal Picturesと任天堂が出資する形となっており、配給は全世界においてUniversal Picturesが行うとのことだ。具体的な映画の内容は明らかになっていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。