Nintendo Switch Liteに新色ブルーが追加。5月21日(金)に発売へ

4月13日、任天堂は携帯専用ハード 「Nintendo Switch Lite」 に新カラーモデル 「ブルー」 を追加販売することを発表した。

ブルーモデルは、ほか4色のNintendo Switch Liteのカラーと統一感のある柔らかな青色が特徴。同モデルの追加によって 「Nintendo Switch Lite」 は、ターコイズ、グレー、イエロー、コーラル、ブルーの全5色のカラーラインナップになる。

ブルーモデルは2021年5月21日(金)に発売予定。価格は別カラーと同じく21,978円(税込)。各販売店で購入可能になる。

Nintendo Switch Liteの新カラー 「ブルー」 が5月21日に発売

「Nintendo Switch Lite」 は2019年9月に発売した 「Nintendo Switch」 の携帯小型機モデル。画面サイズは5.5インチで本体の重さは275g。コントローラーと本体が一体化しているため、手に持ってNintendo Switchのゲームを遊ぶのが基本となる。ゲーム画面をテレビに出力して遊ぶことはできない。

遊べるゲームタイトルは携帯モードに対応しているNintendo Switchタイトルのすべて。ただし、Joy-ConのHD振動、モーションIRカメラ、Joy-Con内蔵のモーションセンサーを利用するソフトは、Joy-Conを持っていない場合、遊び方に制限がある場合がある。

また別途、Joy-ConとJoy-Con充電グリップを購入することで、「携帯モード」 に対応していない一部ソフトをプレイすることもできる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。