ニンテンドースイッチ、アップデートでセーブデータ移動機能が実装 (バージョン8.0.0)

ついにニンテンドースイッチでセーブデータの移動ができるように。

4月16日、任天堂は本体のシステムバージョン8.0.0の配信を開始。同アップデートを適用することで別のニンテンドースイッチにセーブデータを移し、そちらの本体で続きからゲームを遊べるようになった。

システムバージョン8.0.0で 「セーブデータの引っ越し」 機能が追加

今回追加された 「セーブデータの引っ越し」 機能は管理画面から利用可能で、ゲームソフトごとにセーブデータが引っ越せるため、例えば家族用の本体から特定のゲームのセーブデータだけを自分用の本体に引っ越す、ということも可能だ。セーブデータを引っ越すと、元の本体からはそのゲームのセーブデータが消えてしまうので注意が必要だ。

そのほか、バージョン8.0.0では本体のスリープ設定で 「ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除」 の項目が追加されており、この設定をオフにするとドックから本体を取り出した際にスリープが解除されなくなる。こちらも地味ながら嬉しい設定だ。

バージョン8.0.0での新機能・変更点は以下の通り。

  • HOMEメニューの 「すべてのソフト」 のなかで、ソフトの並べ替えができるように
  • 過去に配信されたものも含め、配信中のすべてのゲームニュースが確認可能に
  • ユーザーアイコンの追加
  • 「データ管理」 で 「セーブデータの引っ越し」 ができるように
  • 画面表示の拡大機能が追加
  • 「スリープ」 の設定に 「ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除」 の項目が追加
  • 本体の 「みまもり設定」 でVRモード(3D映像)の視聴が制限可能に
  • 「セーブデータのオンラインバックアップ」 の機能名が 「セーブデータお預かり」 に変更
  • 「ユーザーとセーブデータの引っ越し」 の機能名が 「ユーザーの引っ越し」 に変更
  • いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性が向上

ニンテンドースイッチのシステムアップデートは、本体をインターネットに接続した状態でHOMEメニューの 「設定」 内にある 「本体」 → 「本体の更新」 から可能だ。アップデートには時間がかかる可能性もあるので、今晩ゲームをする予定がある方は、夜ご飯前に本体をアップデートさせておくようにしよう。

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) / (R) グレー】
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 24
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。