任天堂、Wii本体の修理受付を2020年3月31日をもって終了へ

1月27日、任天堂は 「Wii (RVL-001)」 本体の修理受付を2020年3月31日(火)到着分をもって終了することを発表した。

Wii本体の修理受付が3月31日到着分をもって終了へ

Wiiは任天堂が2006年12月に発売した家庭用ゲーム機で、Wiiリモコンと呼ばれるリモコン型の無線コントローラを動かして操作するなど、直感的に操作できるのが大きな特徴。

Wiiはすでに生産が終了されているが、3月31日をもって修理受付も終了することとなる。任天堂は修理受付終了の理由について 「修理に必要な部品の確保が困難なため」 と説明しており、3月31日以前でも修理に必要な部品の在庫がなくなってしまった場合は修理できないこともあるとのこと。

ちなみにWii用の周辺機器に関しても在庫がなくなり次第、修理受付が終了することがアナウンスされている。もしWii本体や周辺機器を修理したい場合は、できるだけ早めに修理を依頼した方が良さそうだ。

Wii本体や周辺機器の修理に関しては、詳しくは公式サイトの 「修理のご案内」 ページをご覧いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。