ニンテンドースイッチ版「バイオハザード7」が5月24日に配信開始 2,000円で180日間プレイ可能

「バイオハザード」シリーズを手がけるカプコンは、同シリーズ最新作の「バイオハザード7 レジデント イービル」をニンテンドースイッチでリリースすることを明らかにした。

同作はすでにPS4、Xbox One、PC向けにリリースされていたが、ニンテンドースイッチ版「バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン」はクラウドサービスとして提供される予定で、通常のパッケージ版やダウンロード版の販売は行われない。

ニンテンドースイッチ専用アプリをダウンロードして遊ぶ仕組みで、これまで他ハードで配信されていた全DLCも含めた全編が遊び放題となる。Joy-Conならではの直感的な操作方法も追加されているという。

サービス開始は2018年5月24日から、価格は2,000円で180日間プレイすることが可能だ。

ちなみに、クラウドサービスなので当然の話ではあるのだが、同サービスを利用するにはインターネットの常時接続が必要になる(推奨環境:Wi-Fi 802.11ac 5GHzもしくは有線LANアダプター)ということに注意が必要だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。