Nintendo SwitchがBluetoothオーディオをサポート。ワイヤレスイヤホン、ヘッドホンに音声出力可能に

9月15日、任天堂はNintendo Switchのアップデートを実施。Bluetoothオーディオ機能をサポートした。

同機能に対応したことで、今後Nintendo SwitchではBluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーに音声を出力できるように。これまで有線での接続あるいはサードパーティのドングルを使ってワイヤレス化する必要があったが、今回の機能追加で簡単にワイヤレス化することが可能になっている。

Nintendo SwitchがBluetoothオーディオ機能をサポート

同機能を利用するには、Nintendo Switchに配信されている最新のファームウェアアップデート(13.0.0)を適用する必要がある。適用すると、Nintendo Switchの設定の中に 「Bluetoothオーディオ」 の項目が出現。そこから、Bluetoothデバイスを設定可能だ。

なお、Bluetoothオーディオ利用中に繋げるコントローラーの数は2個までと制限が設けられている。また、ローカル通信中には利用することができないとのことだ。

また、利用するBluetoothデバイスによっては音声に遅延が発生することもあるとのこと。まず自身の所有するデバイスで試してみてはどうだろうか。

任天堂によるとNintendo SwitchのBluetoothオーディオのコーデックはSBC、プロファイルはA2DPをサポートしており、それ以外のプロファイル、コーデックはサポートしていないとのことだ。

なお、今回のファームウェアアップデートでは、Bluetoothオーディオのサポートのほか、Nintendo Switchドックのソフトウェアを更新できるようになったほか、スリープ中の有線インターネット接続の維持ができるようになったり、使用するネットワーク周波数帯(2.4GHz/5GHz)を可視化できるようになっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。