Nokiaのバナナフォン「Nokia 8110」が22年ぶりに帰ってきた!キアヌリーブス主演の「マトリックス」にも登場した名機

1996年に発売した「Nokia 8110」が、22年ぶりに復刻されることが発表された。

フィンランドのHMD globalは、スペインで開催されている「MWC 2018」で、「Nokia 8110」の復興モデル「Nokia 8110 4G」を発表。今年5月に発売する予定だ。

バナナフォンの愛称で親しまれていた「Nokia 8110」が復活

当時、世界をリードしていた携帯電話メーカーNokiaから発売された「Nokia 8110」は、その見た目から「バナナフォン」の愛称で親しまれていた。1999年に公開された映画「マトリックス」にも登場したことでも有名だ。

復刻版は本体デザインが多少現代風にアレンジされているものの、当時の面影を残しているため、モバイルファンからは懐かしむ声が上がっている。

本体は微妙に曲がっていて、遠目から見ると完全にバナナ

OSには「KaiOS」が採用され、Qualcomm 205 Mobile Platformプロセッサが搭載。ディスプレイは約2.4インチの液晶、背面には200万画素カメラが搭載される。RAM容量は512MB、ストレージ容量は4GBもあるとのこと。バッテリは最大25日間持つ設計になっているようだ。

ちなみに、「Nokia 8110 4G」はフィーチャーフォンであるため、Androidアプリなどをダウンロードすることは不可能。ただし、Firefox OS向けHTML5アプリであれば利用することが可能であるとのこと。また、デュアルSIMに対応するなど現代仕様になっており、名前の通り4Gの通信網を利用することが可能だ。

価格は79ユーロ(約1万円)。2018年5月に発売予定。カラーバリエーションはTraditional BlackとBanana Yellowの2色が用意されているとのことだ。

[ via The Verge / ArsTechnica ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。