『No Man’s Sky』最新アップデート 「Companions」 配信開始。野生動物をペットとして連れて歩けるように

現地時間2月17日、宇宙探索ゲーム『No Man’s Sky』の最新アップデート 「Companions」 の配信が開始された。同ゲームを所有するユーザーは無料で新アップデートを適用し、プレイすることが可能だ。

最新アップデート 「Companions」 配信開始

今年最初の無料アップデート 「Companions」 は、複数の新機能が新たに実装されている。

そのうち、最も注目すべきはペット機能。野生動物をプレイヤーのペットとして連れて歩くことができるだけでなく、繁殖させたり、貴重な宝物の掘り起こしや敵対生物の狩猟、資源のスキャン、肩にマイニングレーザーを装着させ使用させるなど、複数の訓練を実施することで利用できるようになるという。

さらに、生物につけるハーネスにはエクソスーツとつながるニューラルリンクが備えつけられており、ペットを介して野生動物とコミュニケーションを取ることができるようになる。

ペットにした生物はプレイヤーには従うものの、特定の種類はほかプレイヤーに対して好奇心旺盛で積極的にコミュニケーションを取ろうとしたり、あるいは敵対行動を取ることもあるのだとか。

また、今回のアップデートからエッグシーケンサーを使用することで、成長中の卵に対して遺伝子操作を行えるようになる。これによって、これまでになかったユニークな生き物を自らの手で作り出すことが可能になるという。卵は他のプレイヤーと交換することもできる、としている。

今回のアップデートにあわせてPS4版『No Man’s Sky』のロード時間とワープ時間の大幅な改善が行われている。PS4でプレイしている方には、新たに追加される新機能だけでなく、ゲーム体験の向上も嬉しい変更になりそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。