非公式「iPhone 7」のコンセプトデザインが公開、ベゼルは一切なし!

conceptdesign-iphone7-4

早くも多くのコンセプトデザインが登場している「iPhone 7」。CoRRiENTE.topでも多くのコンセプトを紹介してきたが、また新しくコンセプトデザインを公開した方がいるので紹介しよう。

ベゼルが一切ないデザイン

ここ最近出てきているコンセプトデザインは、ほとんどがベゼル部分がないものが多い。中にはホームボタンが排除され、オモテ面には「ディスプレイ以外何もない」という実現が非常に難しそうなものまである。

【補足】ベゼルとはディスプレイの横にある「ディスプレイ外」の部分のこと。ベゼルが狭いと画面を広くできるのだが、一般的にベゼル部分を狭くすると強度が弱くなるため、そのバランスが大切になる。

今回新たに公開されたのはConceptsiPhoneがデザインした「iPhone 7」だ。

こちらが公開されたものになる。

conceptdesign-iphone7-3

全てのベゼルが排除され、前面全てをディスプレイとして活用できるようになっている。ConceptsiPhoneによると、iPhone 7は常に前面フルスクリーンで使うのではなく、3D Touchなどの一部の操作でのみ動作するとしていて、それ以外は現在のiPhoneと似たような使い方になると予想。

conceptdesign-iphone72

ベゼルだけでなく、全面に存在する全ての要素(iSightカメラや受話スピーカーなど)も全て排除。ホームボタンが唯一残っているものの、ボタンがディスプレイの中に仕込まれている形になり、フルスクリーンの際に邪魔にならないようになっている。

conceptdesign-iphone7-1

AppleはTouch IDをディスプレイに内蔵する技術の特許を既に取得しているため、いずれは実現する可能性が高いのだが、次回のiPhoneからすぐにこれらを実現できるとはちょっと考えにくい。

ベゼル部分が全くないため「強度に不安がある」や「電池持ちが悪いのでは」などのツッコミがたくさんあるだろうが、「あったらいいなこんなiPhone」と夢を膨らませる程度に思っていただければと思う。

こちらが今回の動画なので、気になる方はこちらからご覧ください。

[ via Cult of Mac ]

conceptdesign-iphone7-3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう