Nothing、新型イヤホン 「Ear (stick)」 11月10日国内発売。KITH Tokyoや二子玉川 蔦屋家電などで10月29日に先行販売

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

英Nothing Technologyは、同社ブランド 「Nothing」 より完全ワイヤレスイヤホン 「Ear (stick)」 を発売する。

国内での発売日は11月10日、価格は16,800円(税込)。発売に先立ち、Nothing公式サイト、二子玉川 蔦屋家電とKith Tokyoで10月29日(土)11時から数量限定で先行販売が開始される。

完全ワイヤレスイヤホン 「Ear (stick)」 11月10日に国内発売

「Ear (stick)」 は、Nothingが開発した完全ワイヤレスイヤホン。昨年8月に発売した 「ear (1)」 とおなじくスケルトン筐体を採用するが、アクティブノイズキャンセリング機能を省き、イヤホン形状はカナル型からハーフインイヤー型へと変更され、イヤホン本体の重みは片側4.4g。使用時に装着感を感じさせないように作られた。

あらゆる耳にも対応するよう100組以上の耳で検証されており、快適な装着感の中で音楽を楽しむことができるという。

イヤホン本体には、カスタム設計された12.6mmサイズのドライバーが搭載されており、深みのある豊かでクリアな音を楽しめる。業界最高グレードのドライバーマグネットを使用し、ダイアフラム (振動板) を強化することで、高音域から低音域まで安定した音質を保ち、臨場感あふれるサウンドを実現した。

さらに、Clear Voice Technologyに対応した。3つの高精細マイクが最新のアルゴリズムの下で動作し周囲のノイズをフィルタリング。風切り音や人混みに負けずに通話できるよう音声を増幅する。

また、接続性も高めており、アンテナを顔から離して配置することで、電波の遮断を最小限に抑えた設計に変更。Nothingのスマートフォン 「Nothing Phone (1)」 でゲームをすると、自動的に低ラグモードに切り替わる。

本製品はプレスコントロールに対応する。ステム部分にはプレスコントロールが搭載されており、ステムを押すことで再生/停止、曲のスキップ、音声アシストの起動、音量調整などが可能だ。また、本製品はGoogle Fast Pairに対応しており、Androidスマートフォンと簡単に接続できる。

バッテリーケースは、クラシックなコスメにインスパイアされた。ポケットにすっぽり入るコンパクトなフォルムとなっている。ケースの開閉はスライド式。充電コネクタはUSB Type-C。

バッテリー駆動時間は最大7時間、バッテリーケースを併用することで最大29時間の再生が可能だ。

イヤホンは10分の充電で最大2時間再生できる高速充電にも対応する。ケースも10分の充電で最大9時間分の充電ができる電力を充電できるという。

防水・防塵性能はIP54相当。対応コーデックはAACとSBCで、Bluetooth 5.2に対応する。カラーはホワイトのみ。

価格は16,800円(税込)。Nothing公式サイト、TSUTAYAとKith Tokyoで10月29日に数量限定で販売される。一般発売は11月10日を予定する。

関連記事
Nothing、「Nothing OS」 バージョン1.1.4配信開始。カメラ機能のアップデートや新機能など追加
Nothing Phone (1) レビュー | 個性的なデザイン光る話題の新スマホ、その実力に迫る

(画像:Nothing)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。