NothingがアーティストWurtSとコラボ。新曲 「コズミック」 MVにNothing Phone (1)が登場

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

英Nothing Technologyは、同社ブランド 「Nothing」 にとって初となるスマートフォン 「Nothing Phone (1)」 を8月19日(金)に発売するが、本製品の発売にあわせてソロアーティストWurtSとのコラボ企画が実現した。

本日8月17日(水)21時より、WurtSオフィシャルYouTubeチャンネルにて新曲 「コズミック」 が公開される。本楽曲のMVに、まもなく発売予定の 「Nothing Phone (1)」 が登場する。

Nothing Phone (1) とWurtSのコラボが実現

今回のコラボレーションは、日本のカルチャーに根付きたいと考えていたNothingと、Nothingに注目していたWurtSが結びついたことから実現した。WurtSは2021年に本格始動し、“研究者×音楽家” の肩書で、作詞・作曲・アレンジ、アートワークや映像に至るまで全てをセルフプロデュースする新進気鋭のソロアーティストだ。

新曲 「コズミック」 は、“Regain excitement for the future (ワクワクした未来を取り戻せ)” をテーマにした楽曲で、機械や未来、未知に対して熱狂していたレトロフューチャーなSF映画の世界観と、現代の縦型でスピーディーな展開を掛け合わせることで、新たな興奮を生み出す、NothingとWurtSのコラボレーションならではのエンターテインメントとして表現した。

MVでは、2052年の未来で目を覚ましたWurtSが繰り広げる物語のなかで、Nothing Phone (1)は過去と繋がる鍵として登場するほか、Nothing Phone (1)のデザインを連想させる要素が各所に散りばめられている。

MVのストーリー

映し出されるオープニングロール。WurtSが目を覚ますと鳴り出すNothing Phone (1)。WurtSは聞こえる声に耳を澄ます。
すると、起動する天井のLED。目の前のR.T.T.Mというロゴが表示されたコントロールパネルに触れるとたくさんのアンドロイド達の情報が出現。
さらに潰れかけたタイムリバイバーと首元にR.T.T.Mのロゴが入った1体のアンドロイドを発見。
側に落ちていたNothing Phone (1) を拾い、パネルに映し出された少女の指示でセットすると、タイムリバイバーやアンドロイドの説明が現れる。
アンドロイドから抜き出したメモリーカードをコントロールパネルに挿入すると、そこに月面移住計画の情報が映し出される。
さらに情報にアクセスしようとした途端、拒否され、アンドロイドが突然WurtSに襲い掛かる。
すると、パネルに映し出されていた少女が現れ、アンドロイドと戦闘を繰り広げ出す。
WurtSはパネルを操作し、アンドロイドをシャットダウン。
最後にNothing Phone (1)が再び鳴り出し応答すると、眩いばかりの光とともにゲートが開く。

Wurtsによるコメント
「コズミック」 はポストモダンの讃美歌として作りました。
機械が蔓延る社会で人間のありのままは変化しているのではないか。
そんな“今”をもう一度見つめ直すような楽曲です。
また、人間的で有機的なテックを目指すNothingとのコラボということで、WurtSが進めているシリーズ企画の第二弾の位置付けでMVを制作しました。
生命と機械を相反するものとして描くのではなく、共存しながら「光差す方に」すゝんでいく作品です。

(画像提供:Nothing Technology)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。